FC2ブログ
2007年 07月 30日 ( Mon)
シェアブログluunaに投稿
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(*´Д`人)コン(人´Д`*)バン(*´Д`*)ゞ㍗♪
突然ですが、『セーブ・ザ・チルドレン』という団体をご存知でしょうか?
国連に公式に承認された、子どもたちのための民間の国際援助団体(NGO)のことを指すんですよね。
国連の「子どもの権利条約」を理念とし、世界の子どもたちとその家族、周囲の環境をよりよいものに改善するため、現在120カ国以上で、精力的に活動しているんだそうですよ。

私は世界情勢やなんかは正直とても疎いんです。
国内で起こったことでさえ、身近な人間への被害などが無ければいまいちリアリティが無いと言うのが本音です。
募金や援助、支援活動・・・実際にそういうのに携わった経験は全く無いんです。 実際そういう活動をしている方から見ると、とんでもなく薄情な人間に映ることでしょう。

せめてもこういう関連の記事を書くことで「薄情じゃないよ!」と主張するかのような自分がとても醜いような気がするけれど、それでも少しでも世界の子供たちの現状を知ろうと、また知ってもらおうと・・・そして支援出来る方へはそれを仰ごうと・・・そんな思いでこの団体のことを書かせて貰っています。

日本は今、とても平和で・・・戦争も、貧困も・・・そりゃ多少なりとも「うちは貧乏だぁっヽ(`Д´)ノ」って言いたい語過程もあるのでしょうが(うちだよwww)、レベルが違いますよ。
毎日食事を取れて、面倒だと言いながらも学校に通えて。 きれいな部屋の暖かい布団で眠れることを幸せだと思えませんか?

img1.0.jpgアフガニスタンでは紛争で学校が壊れたのだそうです。 教員の不足もあり、子供たちから「学校」という場所が奪われてしまったのです。

ネパールでは当たり前のように子供に仕事をさせる・・・つまり児童労働ですね。 このことによって、子供たちは「教育」を受ける機会を奪われてしまっているのです。

ベトナムでは市場経済は発展しているものの、その一方では農村部の子供たちが取り残されてしまっているという現状。

このような各地で起こっている様々な問題に、真正面から取り組み・・・教材の提供や教員研修による教育支援をしたり、「すべての子どもを学校に」を合言葉に掲げ、児童労働撤廃を訴え・・・地域の人と共に就学年齢の子供たちが学校に通えるようにと取り組んでいたり・・・栄養不良児をなくすために、栄養給食の支給、小規模貸付などを組み合わせた「総合的子どもの発達事業」を実施したりと精力的な活動をしているんです。

この世界の子供たちのことを考えてどう思う?
自分たちがどれほど恵まれた環境におかれているか実感できるよね。 でもそこで終わらないで欲しい。
こういう活動に協力できる状況ならば、協力・支援することを頭の中に入れて欲しい。

彼らは学校に行けない。その数なんと7700万人以上。
そんなに居るのか・・・と愕然とする。
この夏休み。日本の子供たちは喜んで遊びまわっているでしょう? 彼らは学校に行けないのだから・・・「夏休み」がどれほど楽しいものなのかさえ知らないんだ。
このような状況にある子どもたちのために、『セーブ・ザ・チルドレン』は今年も夏募金を開始したのだそうですよ。

「学びたい」という子供たちの願いのお手伝いをしませんか?
サポートの方法はいくつかあります。
自分に合ったサポート方法で、子供たちの未来を拓く支援をしてみたいと思う方は、是非サイトで各サポートの詳細を見て下さい。
>>【夏募金】

img2.jpg

続いてはコチラ↑。 でかでかと出してみました。
こちらのキャンペーンは・・・日本全国の文化祭活動をサポートし、世界の子どもたちの情報を発信することで、参加者が世界の子どもたちのことを知り、考え、行動するきっかけを提供する。 という趣旨の元に行われるキャンペーンです。
参加すると文化祭で使えるツールキットが送られてきて、ウェブサイト専用パスワード発行も発行されるんだそうです。
サイトから写真などのツールをダウンロードし、文化祭での活動に利用が出来るのね。
参加者同士の交流の場として、情報交換サイトもアップされるんだって。しかも、文化祭後に参加校から送られてくる報告書をもとに、グランプリ・募金箱賞・世界地図メッセージ賞・アイデア賞も与えられるんだってね。

文化祭のような機会になら、準備の期間も沢山あるし・・・こういう活動をするにはもってこいなんじゃないかな?! 勿論取り組み方は自分たち次第で自由に取り組めばいいのね。
そうやって行われる活動がキッカケで、世界の子供たちに未来を与えられる機会が生まれるの・・・
全国の教職員さんたち!!!!!!!!
学生さんたち!!!!!!!!!!!!
積極的にこのキャンペーンに参加してみませんか?
興味があるならまずは専用ページで詳細確認を!
>>【キャンペーン専用サイト】

今自分たちが出来ること・・・
私は裕福でもないし、海外で活動できるような状況下にあるわけでもない。直接的に大きな支援にはなれないかもしれないけど・・・それでも小さなことでも・・・継続的に出来なくても、少しずつでも募金をしてみたり・・・学校行事に取り入れてもらうように呼びかけたり・・・
みんなが出来ることから少しずつ助けてあげればいいんじゃないかな?って思うんだ。
『セーブ・ザ・チルドレン』・・・子供たちを守るということ。 もっと視野を広げて・・・世界中の子供が守られるような環境のために少しずつでも参加してみましょうね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2020 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -