--年 --月 --日 ( --)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年 09月 11日 ( Sat)
icon icon

湊かなえさん 【告白】 icon、読了しました。 ってことで久しぶりのブックレビュー・・・ってか読書感想文w

松たか子さん主演で映画化され、話題になったことで読んでみたっていうミーハーな動機@w@;
一応映画化の情報を得る前に書店で見てちょっと気にはなっていたんだけど、購入には至らなくてさ・・・結局話題になったから買ってみた~って感じになってしまった(゚-゚*;)

「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」
我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白 から、この物語は始まる。
語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。
衝撃的なラストを巡り物議 を醸した、デビュー作にして、第6回本屋大賞受賞のベストセラー。


ネタバレ、出来るだけしないように感想を書こうかなと思います・・・「出来るだけ」なので、嫌な方はここでストップ!!! それでもいいよって方は追記へどうぞー。

*ここぷりテーマ参加中!読書の秋


 クリック マウス(左クリック) クリック 
blogramランキング参加中!
(*'-')σポチッとオネガイシマス。.:*・゜┌○゛ペコッ

なんていうか・・・あってはいけないお話だけど、あり得そうであり得ないような・・・現実的なようで非現実的な、そんな印象を受ける作品だったのね。
娘を亡くした女教師、事故だと思われたその娘の死の真相が「事件」だったと気がついて、ましてその犯人が自分の暮らすの生徒だった・・・私ならきっとあんなに冷静に言葉を発する自信は無い。

第1章の『聖職者』が、丁度その女教師が語り手になっているんだけど・・・全部で6章ある中で、やっぱりこの第1章が最も面白かったと私は感じました。
勿論全て読んでひとつの作品として見てもそれなりに面白いのだけれど、逆に第1章だけで完結してしまっていたら・・・むしろその方が衝撃的で面白かったんじゃないかな~って、ちょっと思ったりもした。

確かに多方向からひとつの物事を見るととてもわかりやすいし、少しずつでも時間が流れているから気になる「その後」というやつも見られるというメリットがある。
が、見てしまったがために、ほんの少しガッカリするというか・・・興ざめするというケースもあるでしょ?
私の個人的な意見だけど、これは後者かな~って。

第1章だけで終わっていたら、その後を想像し「気になる!!! どうなったんだろう???」って謎を残してくれて、スッキリしないことで印象的に読み終えられたかもしれないなって。

結局のトコロ勿論全て読んでるし、サクサクと読み進められてホントにそれなりに面白かったことに間違いはない。
個別に楽しむという感覚だと、それはそれでって感じ。
被害者遺族となった女性の章、犯人となったクラスの子の章、犯人の家族の章、犯人ではないクラスメイトの章・・・

なんてことはない、ごく普通の学校の先生と生徒。 そこにたまたま先生の娘という要素が加わって、たまたまほんの少し考え方のおかしな生徒が混ざってて・・・必然的に起こったわけじゃない。 あくまでごく普通の日常の中でちょっとの歯車がズレてこうなった・・・みたいなところがあるかなーと。

1章だけを読むと、最近多い少年犯罪の典型というか・・・おかしな子供がやっちゃった~って感じで、1章の結末はこんな風でもありか・・・と思う部分もあった。
他の章を読んでいくと、事件を起こした生徒側にもそこに至るまでの経緯なんかもしっかり書かれて、「こういう経緯で事件に至ったのね」っていうのがわかる。
それがわかったからと言って、やったことが許されるわけでもないんだけど、不透明で終わるのではなく透明にして終わる。
全ての終わりにも、第1章と同じくらいに衝撃的な結末が待ってるって感じですね。

私ね、実は松たか子さんがあまり好きではないので・・・映画を観るつもりは無かったんだけど、原作がそれなりに面白かったということもあって、映画もそのうちレンタルでもして観てみたいな~ってな気持ちになりましたよ^^
映画と原作がどのくらい違うかはわからないけど、原作を読んでいない方は映画を観た方もそうでない方も一度読んでみてはいかがかしらね^^

セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)


 クリック マウス(左クリック) クリック 
blogramランキング参加中!
(*'-')σポチッと「やる気」の注入をオネガイシマス。.:*・゜┌○゛ペコッ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2017 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。