--年 --月 --日 ( --)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年 12月 11日 ( Thu)
本

ぶっはw
めっちゃ久しぶりに小難しい本を読んだわ。
ココ最近小説の類しか読んでなかったから、
こういう専門用語満載出てきちゃうような本…
正直ちょっと読み疲れましたーw

って、言っても…
なんだかんだ言いながら、
一晩で2冊読んじゃったんだけど。

歯学博士の岸本雅吉さんの著書で、
【抜かずに治す「歯並び」】
と、
【子どもと大人の「歯の矯正」なるほどブック】

   クリック マウス(左クリック) クリック  
(*'-')σポチッと「やる気」の注入をオネガイシマス。.:*・゜┌○゛ペコッ

何気に私は小学生の頃に矯正歯科に通って、歯並びを治す治療を受けてたし・・・何よりもこの本に興味を持ったのが「抜かずに治す」ってところなの。
私ね、小学生の頃に永久歯を4本抜かれているの。 勿論、矯正のためにそうしないといけないといわれたからなんだけど・・・

「抜かなくて良かったの?!」

なんて思ったら、やっぱキニナルじゃない? 歯を抜かないで矯正をするって・・・どういうことだろう? そんな風に興味を持ったから、こんな小難しい本も頑張って読んだんですけどねwww

自分が歯科矯正の経験があること、それからそれを途中で辞めてしまい今でも歯並びが悪いということを、私はとってもとってもコンプレックスとして思っているんです。
歯並びが悪くて、どうしても歯を見せて笑うということに抵抗を感じるし・・・子供の頃に比べたら、抜歯して見栄えをちょっと良くしてもらったからまだしもなんだけど、それでもお世辞にも「キレイな歯並び」といえる感じではないのね。

歯科矯正って正直私にとって苦痛なものでした。
遊びたい盛りの小学生の頃、毎週決まって矯正歯科に連れて行かれて、友達からの誘いも断らないといけなくて。 しかも楽しいものではないでしょう? ハミガキの仕方だ、虫歯にならないように・・・装置を使うときは・・・抜歯をしなくてはいけない・・・どこをとっても「ヤダなぁ」って思うことしか出来なかったのよね。

確かに歯並びが悪いっていう事実は、私自身子供の頃から気にはしていたんだけど・・・矯正することの重要性なんかわかっちゃいなかったし、ぶっちゃけ「メンドクサイ」、「遊びたい」、「痛いことはしたくない」 と・・・思う気持ちの方が強かったんだよね。
だから結局、抜歯をした後で虫歯を作ってしまったり、それが原因となって矯正治療が長引くのを面倒と感じて、気がついたら辞めてしまってた・・・のよね。

今回この著書には確かに専門用語も多かったし、「何言ってるの?」と思う部分が無かったとは言わない。 けど、日本での歯並びの矯正への意識の低さを指摘しているあたりは耳が痛いなって思わされたし・・・抜かずに治療する方法があるにも拘らず、それが一般的な治療法として広く行われているものではないということを知ってね、なんだか悲しかった。

子供の頃にさー・・・歯を抜くってことが凄く怖かったんだよ。
どう考えたって「痛い」ことだしさ、折角生え変わって出てきた歯を抜かれるんだー・・・大人の歯だから、抜いたらもう生えてこないんだよね・・・なんて考えてさ。
実際抜歯後は痛かった。 食事もマトモに取れなかったし、夜も痛くて眠れなかった。
それなのに歯に装置を付けられたりもして、より不自由な思いを散々させられた。

本に書かれてた通りですけど、私が抜歯したのも・・・小臼歯と呼ばれる犬歯の横の歯でした。
勿論上下2本ずつ、計4本の抜歯です。
私は親知らずが生えてきていませんから、現時点で使っている歯はみんなより4本少ないってことになる。

矯正歯科医の先生には、4本の歯を抜くことで他の歯がキチンと並ぶスペースを作ってあげるのだ。
それは良いことで、するべきことだ。 と言われて、言われるがままにしていました。
けどね、それが違うって初めて知ったんだよね・・・

抜いても良い歯なんか無い。

そう書かれてました。
心臓とか胃とかと同じように、口・歯もまた臓器であると考えたら、そりゃ確かに便宜的に削っていいと考えるのはおかしいなぁって。
当時さ、丁度この著書に書かれてた通りの説明を私は受けました。
4人がけのベンチに6人座ろうとしたら座れないでしょ? 顎が狭いからそこにはこの歯とこの歯は入りきらないの。 だから、抜いてしまいましょう・・・
そのときはもっともだって思ったんだけど、この本を読んで、著者の言葉を見ると「その通りだな」って思うのね。
口も歯も臓器・・・必要に応じてカタチを変えるもの。
食が細くなって胃が小さくなるとか、その逆とか・・・そういうのと同じことなんだって言われたら確かにそう。 顎も、口も、歯も・・・ベンチのような大きさが決まっていて絶対に動くことの無い「物質」ではないと。

歯並びが悪いと、咬み合わせが悪くなる。そうすることにより様々な不定愁訴・・・原因不明の体調不良に陥ることが多いと書かれていました。
めまいや頭痛、生理痛・・・貧血に肩こりにとその症状のバリエーションや重さは様々なんだそうですけどね、ぶっちゃけ私・・・肩こりに目疲れに貧血、生理痛、偏頭痛・・・そりゃもうコレに引っかかってきちゃう症状が満載ある子です。
もしかしてさー、私も咬みあわせの悪さが原因なのかなぁ? って考えさせられました。

こういう様々な症状を引き起こす原因となるかみ合わせの悪さを矯正することはやはり必要なことで、矯正をするうえでの重要なことは、この本に書かれていたことによれば、額関節をちゃんと調べることとか、重要な役割を担う小臼歯を抜かないという方法での矯正治療をするということなんだそう。

私は既に抜いてしまっていて、取り返しのつかない状況ではありますけどね、小臼歯って凄く重要なっ役割を持ってるんだって。
額関節との関連性なんだけど・・・咀嚼をするときに必要以上に下顎が下がり過ぎないようにするためのストッパーの役割なんだって。
そのストッパーが無いことで、額関節のズレなんかが生じたりして、それがひいては不定愁訴につながるんだとか。

私が過去に行ってきた矯正ってのは、本書によれば「前歯を治すだけ」の治療だったのだと思う。
それでもいくらか見栄えがよくなったから、それでほんの少し満足感を得たけれど・・・その・・・その場しのぎのような治療法によって、要は抜歯ということによって咬み合わせが上手くいかなくなってしまったり、不定愁訴の要因が出来てしまったりするなんて思いもよらなかったの。
健康な歯を抜いていいわけが無い。
抜かずに歯並びを矯正する方法はある。
実際本の中にもいくつかの例が挙げられているけれど、私よりもずっと酷い出っ歯や受け口、乱ぐい歯などの人たちの歯並びがビックリするくらいにキレイに整っている。

原因である倒れた奥歯を真っ直ぐ立てる。
歯並びの悪さの原因からつきとめて、それに対処すること従来の抜歯しての矯正に比べると期間的にもずっと早く出きるみたいだし・・・なぜこの方法が普及しないのだろう?と凄く不思議に思ったの。

私はね、できれば今からでもまた矯正をしなおしたいってずっと思ってるのね。
もう抜いてなくなってしまっている小臼歯・・・失くしたものは戻らないけど、この先私自身は勿論だけど、身近な人や自分の子供なんかが矯正を必要としたときには、まだまだ抜歯しての矯正が一般的だって言われようが、岸本先生のクリニックのように、原因となるところをしっかり調べてくれて、抜歯をせずに歯並びの矯正をしてくれる方法を取ってくださるクリニックを探したいって思った。

矯正歯科では保険の適用はされない。
これもこの本を読んで初めて知ったんだけど・・・本気で親に申し訳ないと思った。
何年も通いつめて、きっと相当高かったんだろうと思う。
それでも私のことを思って矯正をさせてくれてたのにね・・・私途中で辞めちゃったんだもん。
今から自分の歯の矯正をしようと思ったら、それこそオール実費になる。
高いお金をかけて、長い時間をかけて行うものだから、信頼できる先生にお願いしたいと思うし、自分にベストな形での歯科矯正を行ってくれるクリニックをちゃんと探そうって思わされました。

2冊の本は、どちらも内容としては似通っていましたから・・・概ね【抜かずに治す「歯並び」】を熟読した後、2冊目の方はサラっと目を通しただけですけど、知らなかったことが沢山かかれてて凄く参考になりました。 私の場合、抜歯後ですから手遅れだったわけですけど、これから自分の矯正をしようと思っているとか、お子様の歯の矯正をと考えているのなら、どちらか1冊、お手に取ってみて欲しいですね。 きっと参考になりますから。

そうそうそれから・・・原因のわからない体の不調、上に書いたけど・・・偏頭痛とか肩こり、それから集中力の低下や運動機能の低下など色々ありますけど、「理由がわからない」と思うことがあれば一度咬み合わせを疑ってみると良いかもしれないですって。
私も色々と自覚症状はありますから、できるだけ早くに本書にあったような専門の機器の揃ったクリニックでかみ合わせを診てもらいたいと思いましたね。
それで身体の不調まで改善されたらめっちゃ嬉しいもんwww

参考までにリンクを貼っておきますので、矯正歯科に興味があれば是非ジャンプしてみてくださいね。

矯正歯科

ブログ広告
ブログ広告のブロコミモニターに参加しています
   クリック マウス(左クリック) クリック  
(*'-')σポチッとオネガイシマス。.:*・゜┌○゛ペコッ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2017 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。