FC2ブログ
2008年 11月 27日 ( Thu)
私、カメラが苦手です。

デジカメ カメラ デジカメ

と、名の付くものが苦手です。
撮るのも、撮られるのも苦手です。
撮るのは撮るので手ぶれしまくりの・・・
影入りまくりの・・・
時に指まで入っちゃうくらいに苦手です。

撮られることに関しては、
レンズがこっち向いてるだけで・・・

やや発狂します(ェェェッ?!

   クリック マウス(左クリック) クリック  
(*'-')σポチッと「やる気」の注入をオネガイシマス。.:*・゜┌○゛ペコッ

普通に写真を撮ったり撮られたりもそうなんだけどさぁ・・・今は携帯でムービーとかも撮れるでしょ? あれに関しては写真以上にダメ。 どっちにしてもだけどね、撮るときも撮られるときにも妙に身構えちゃうらしい、私。
撮られることに関してなんかはさ、特に何も気にしないで勝手に写せよ!くらいの勢いならいいんだろうけど、なんかこう・・・「撮ってる・・・撮られてる・・・」とプチパニックになるさw

いかにも撮られている・・・もしくは撮ってます!! みたいな雰囲気を醸し出さないようなデジカメとかさ、ムービーカメラとかさ、そういうのが普及すれば私のカメラへの苦手意識もちょっとは良くなるんじゃね? とかも密かに思うんだけどなぁ。


んでさ、これなら我慢できそうかもしれないな~とふと思ったのが、SANYOのデジタルムービーカメラ「Xacti(ザクティ)」シリーズっての。
撮影する側、される側の双方が意識することなく、自然な状態で撮影できる” って・・・ホントにぃ?! って、疑り深い気もするが・・・どうやらこのシリーズはこの独特の撮影スタイルを大きな特徴としているようですから、恐らく少なからずそういった印象なんだろうなと。 撮ったことも撮られたことも無いからハッキリとは言い切れないですけどね。

コンパクトなボディもまた大きな特徴の一つでね、ポケットに入っちゃうその小ささにも拘らずの高品質なムービーに高精細の写真が撮れるらしくてね。
片手でも持てちゃうから、子供と手を繋いだままでも横で歩く子供の姿をムービーにおさめたりとか、ペットのお散歩をしながら景色の写真を撮るとかってことも楽々出来ちゃうそうだ。

おまけにパソコンやネットとの親和性も高いムービーフォーマットっての? それを採用しているって話だから・・・「デジタルムービーカメラ」っていうものの中では、一目を置かれる存在なんだそうですよ。

Xacti(ザクティ)オフィシャルサイトなんかを見ると商品のラインアップは勿論ですけど、各種製品のそれぞれの特徴やなんかもよくよく見られるようになってました。
私が使うんだったら一番簡単そうなビギナーズXactiのDMX-CG9ってのあたりから使ってみたいですけどね。

そうそう、またまたですけども・・・どうやらSANYOさんが、一般の方からこの 「Xacti」 の動画を以下の3つのテーマで募集したんだそうですよ。 ぇえ、例の filmo さんでね。
その3つのテーマですけどもー・・・

四葉1 撮影しながら色々なことが楽しめる
右矢印 「撮影しながらいっしょに○○」している映像を制作

四葉1 WEBにもかんたんアップロード
右矢印 「あっという間」や「スピード感」を、テーマに映像を制作

四葉1 撮った動画を手軽に共有
右矢印 「誰かに伝えたい想い・出来事」を、テーマに映像を制作

これら3つのテーマに寄せられた投稿作品の中から、受賞作が既に決まり公開されてます。
当然の如く私もチョロっと覗いてまいりまして・・・
その中で気に入ったものをココにまたペタっとしてみちゃおう的なアレです。
毎度お馴染みです。


今回私が気に入った動画はコレ↑ね。
企業賞王冠を受賞した作品です。 投稿したのは acid_gag さん
作品名は・・・ 『ザックリザクザク、ザクッとザクティ』 。

えっと・・・何よりもまずこの作品名がツボ。 カタカナの羅列、超読みにくいのに「ぇ? 何? 何だって?!」 みたいな感じで音読しちゃったし。

すんごいリーゼントな彼が、その他彼の前に並ぶヤンキーさんたちに早口言葉をさせている不思議な映像が始まるのですよ。 リーゼントな彼の背後には、「スピード部」って看板が・・・(汗。 なんだその部活www
ありがちな早口言葉を言うヤンキー。 それを聞くリーゼント。
最後の3人目のヤンキーは、「Xacti」をアピった感じの早口言葉をペラペラペラっと言うわけで。
なんだか妙に「早口言葉」としてしっくり来ちゃうところが凄い。

「アカザクティ クロザクティ キンザクティ ギンザクティ」


噛みそうだ(汗
思わず動画を見ながら「何つった?!」と思ってさぁ・・・ちょっと戻してもっかい聞いたしね。 んで言ってみちゃったしね。 結局のところ「Xacti」のカラーバリエーションを早口言葉で紹介しちゃってるわけ。
んで途中途中に映像がアニメーションから文字のみに変わって、テーマにある「あっという間」とか「スピード感」ってのに関する商品説明が入るわけ。
Xacti」はさ、ザックリ撮ってザクザクUPできるっていうのを前面に押し出して・・・
最終的には全員で早口言葉ですよ。

「ザックリザクザク、ザクッとザクティ」


ああ・・・なるほど。 タイトルだwww
あんまり何回も 「アカザクティ・・・」と「ザックリザクザク・・・」って繰り返すもんだから、やたらと頭に残っちゃって仕方が無い。
横で聞いてた相方もツボったみたいで、何回も再生するとその都度「なにそれ!w」って言いながら笑ってたりもする。 映像見ながらだとそりゃ面白いんだが・・・音声だけ聞いてても笑えるうえに印象的。
変な話、聞いているとイヤでも「Xacti」のカラーバリエーションやそのスピード感に関して頭に残るのよ

これってでもあれだよね。 商品のCMって考えたときにこれだけ人に印象を植え付けられるのってかなり優秀じゃないのかな? って、私は思うんですけどもw
多分ね、デジタルムービーカメラっていうのをいくつも知ってたとしても、店頭で見かけても、この同が見た後だとなんとなく「Xacti」に目が行くような気がしちゃうわけ。 赤、黒、金、銀の「Xacti」のボディを見るたびに・・・

「アカザクティ クロザクティ キンザクティ ギンザクティ」


↑これが頭の中を走っていくような気がするのよwww
んでそれと同時にさ、商品の説明とかにスピード感のことなんかがうっかり書かれてたりするじゃない? 勿論他の商品なんかの横にもスピードに関しての記述があるかもしれないけど・・・どれを見ても頭に浮かぶのは・・・

「ザックリザクザク、ザクッとザクティ」


↑これになっちゃったりしそうだな・・・とか思うわけよ。
凄い淡々としたアニメーションなのに、流れる音声にこれだけインパクトがあるのは面白すぎるよね。
他の受賞作品も勿論個性的でユニークなものだったけど、これの「印象的」さには届かなかったっていう私の感想ね。
どうしたってこれのあとに見た動画がかすんじゃって・・・申し訳ないですけどねw

好みによっては他受賞作品の方がイイって人も勿論居るとは思うけど、私のイチオシはこの企業賞受賞作品だったよってな話ですw

ちなみにね、YouTubeの「XactiChannel」ってのが設置されてて、そこではこれら受賞作品だけではなく、「Xacti」に関する様々な面白い動画がアップされていて、それらを自由に視聴できるようになってました。
私普段You Tube ってあんまり利用しないんですけどね。
何気に面白くて「XactiChannel」に表示されてた動画、順番に見ちゃったしね。
どれも短い動画だからサクサク見れるし、短い中に個性が満載でかなり楽しめましたからね。
受賞作品を見て欲しいって言うのは勿論なんだけど、ちょっと時間のあるときにはさ、「XactiChannel」も覗いて都度アップされてる面白動画を楽しんでみてほしいなぁって思うのですよ。

カメラは苦手だけど、こういう新製品に全く興味が無いわけではない。
持ち運びにも便利そうなバッグにすっぽり入りそうな大きさで邪魔にもならないし・・・ムービーだけじゃなく写真も撮れるとなれば用途も幅広い。
写真を撮るのは苦手だけど、必要に応じて最近では携帯カメラでだけどちょこちょこ撮るしね・・・どのみちデジカメは欲しいなと思ってたしね。
いっそデジカメを買うくらいなら、ムービーも撮れるデジタルムービーカメラの方が一石二鳥っぽくていいかもな・・・なんてね。
あとはあれだな・・・実際に店頭で商品を手にとってどんなもんか見てみたいっていう興味が今のところの私の段階ですかねぇ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2020 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -