--年 --月 --日 ( --)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年 09月 28日 ( Sun)
「読書の秋☆オススメの一冊は?」
応援お願いしますペコッ。.:*・゜┌○゛
TREviewブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

fuma.jpg

こういう類の本は好きです。
今は文庫の小説ばかりを読んでますけど、以前はしばしばこういう類の本も読んでたのね。
自分の考え方や生き方を見直すキッカケをくれるような種類の本は、ミステリーや恋愛小説のような面白さとはまた違った「知識」や「感動」を与えてくれるのですよ。

画像を見てわかるとおり、この本のタイトルは『もう、不満は言わない』。
サンマーク出版から刊行されている、ウィル・ボウエン牧師の著書です。
画像の向かって左側、本にもたれかけさせている紫色の「輪」はブレスレット
私はこの本を手にした日から、そのブレスレットをいつも身につけています。

不平不満を言わないようにすれば、良いことがたくさん起きるはずだ。
牧師である著者のウィル・ボウエンさんはそういいます。
その発想に基づきこの紫色のブレスレットを無料で配布し、ブレスレットを腕にはめて、もしも自分が不平不満を口にしてしまったら、ブレスレットをもう片方の腕につけかえる。

ブレスレットを一度もつけかえないままに21日間過ごすことが出来たら、必ず大きな変化が起こる。

そう彼は説き、この輪を広めていったのです。
今ではこの紫色のブレスレットははめて、21日間不平不満や悪口、ゴシップの話題を言わないというチャレンジをしている方は全世界に6000万人も居るんだそう。
私はこれまでこのブレスレットのことも、勿論不平不満を言わない挑戦のことも知りませんでした。

この本を手に取り、最初の数ページを読んですぐに左腕にブレスレットをはめた。
本を読み終える前にチャレンジすることを決めました。

なぜなら私は、不平不満の塊であることを自覚しているから。
自分がネガティブな人間であることを自覚しているから。
これではいけないと思えているからですね。

人間関係、仕事、恋愛、お金・・・上手くいかないことの愚痴を言えばスッキリする。 そんな風に思ってたんだけど、それは違うんだそう。
著者の言うところでは、それはむしろ逆であり・・・不満を言うから良くないことが起こる。 心身ともに健康でなくなる
病気を憂いてその病を恨めしく思い愚痴を言えば、どんどん悪くなる。 逆にどんな病気を患っても、どんな苦境に立たされても、不平不満や愚痴をこぼさずにポジティブで居ることを心がければ改善されることもあるのだ。

著書の中で、余命6ヶ月と言われたご婦人のお話があります。
彼女と、彼女の夫はその6ヶ月をずっと臥して病を恨み、嘆いて過ごすのではなく…幸せな時間と感じられる方法を用いて過ごしました。
その結果彼女の命は1年存えた。 半年の命が倍になるパワーは、ポジティブで幸せな時間を過ごしたからなのだと。

どうように、著者の友人である一人の男性もまた末期のガンであったにも拘らず、見舞いに訪れた著者が元気をもらえるほどにとても前向きだったというエピソードも書かれている。
私はこの本を手に取り、読み始めてから1日かからず一気に読み終えた。 結局それほど魅力的で興味深い内容であったから。

病気絡みのエピソード2つと、著者の愛犬が撥ねられた話のところは、ちょっと泣きましたから
病気関係の話を読めば、「病は気から」という言葉に信憑性を感じられ、言葉の持つ力ポジティブシンキングのメリットなんかがひしひしと伝わってくる。
愛犬が撥ねられた話では、私なら彼のように湧き上がる怒りを抑えられるだろうか?という考えが浮かんできたり、その怒りを暴力や暴言ではなく、思いとどまって考え方を変えられる著者を尊敬したい気持ちにもなる。

この本の要所要所や、最後にまとめてと・・・21日間のチャレンジに成功した人たちのお話が掲載されているのですが、それらを読んでいると「本当にこんなにも変わるのだろうか?」というちょっとした疑問も浮かんでくるが、それと同じくらい・・・それ以上に「やってみる価値はあるだろう」と思える。
成功した人たちは勿論、チャレンジしている人たちは、それによってそれまでのネガティブな生活から打って変わって幸せで充実した日々を送っているように思えたから

私のチャレンジの初日は、殆どブレスレットを付け替えなかった
どうしてか・・・不平不満がなかったわけではない。
自分の放つ言葉の、どれが不平不満でどれがそうでないのかがわからなかったの。
本を読むと、初日に20回ほどの付け替えは普通だと書いてある。 「おかしいな・・・」 そう思ってその晩に色々と自分の言葉を考えてみた。

考えた結果、2日目にはブレスレットをそれこそ20回も30回も付け替える羽目になった。
初日とは違う心意気で臨み、自分の口から出る言葉のひとつひとつを注意深くチェックしてみた結果がそれだった。
ほんの5分会話をする間に何度もブレスレットを付け替える自分に、正直かなりの嫌気がさしましたw
勿論、「面倒だな!」という思いもあり・・・それに加えて「何で私はこんなことばかり喋るんだ?!」という憤りも感じたから。

「うるさいな! 邪魔しないでよ!」

コレは私が一日に何度も相方に言うセリフ。
私がパソコンをしている横で何かとちょっかいをかけてくる相方に向けてよく言っちゃうんですけど…
この瞬間に「うるさいな!」と「邪魔しないでしょ!」で2回付け替える
気が立ってしまっている私はそこでもう一言出てくる。

「ああもう、めんどくさい!!」

そしてまた付け替えるorz
私の口から出る一番多い不平不満は、恐らく「めんどくさい」なんだろうというのが、このチャレンジを始めて目に見えてわかったことです。
とにかく何でも面倒くさがる。

自分が何かしているときに話しかけられれば「邪魔くさい」。
何かを頼まれたり、意見を求められれば「めんどくさい」。
一日にその2つのセリフだけで何度ブレスレットを付け替えたかわからないんです

朝起きれば 「眠い」 「だるい」 。
いつまでも身支度の整わない相方に罵声
私の口から出てくる言葉は、楽しい会話を望むようなものではなく、人を罵り、傷つけ、面倒くさがり、ひどく利己的な言葉ばかりなんだなと実感させられた。

日中一人で居るときには、あまり言葉を発せないので付け替え頻度は低い。
それでも全く付け替えないかと言われればそうではない。
例えば、ブログを書いている間に口からではないにしろうっかり愚痴を書いてしまったら付け替える
私のブログの日記には、「眠たい」とか「めんどくさい」とか満載ですw
口から出さなきゃイイんじゃないんですよね、ブログにしたって他の人たちの目から入っていく「負のエネルギーを持つ言葉」であるなら、付け替えるべきなのだろうと思ったからさ。

それから独り言w
腰痛とか頭痛とかって持病なんですけどね、「痛い」って思わず言ってしまう。
あー・・・頭痛い。
ボソっと言う独り言にハタと気が付いて付け替える。

外を見て天気が悪いと、
今日も雨か、迷惑だな。
スッキリしない天気で気分が悪いな。
なんてことが出てくる。 文句を言っても仕方がないのにもかかわらずね。

夕方になってキッチンに立ち、食事の支度を始めるときにも・・・
面倒だなぁ。
これまたボソっと口から出てきて慌てて付け替える。

うっかり鍋を焦げ付かせてしまったり、
うっかり指を切ってしまったり、
自分のミスですら腹立たしくて不平不満は口から出てくる。

食事中でも私は文句ばかり言っている。
「こぼさないで!」
「食べすぎ!」
「自分でやってよ!」


そのたびに、箸を置いてブレスレットを付け替える。
ブレスレットをつけ始めてから2~3日は、付け替えるときに必ずといっていいほど「めんどくさいなぁっ!」って言ってた。 その一言でもういい回付け替えるんですがw

最初はそうやって自分がどのくらい不平不満や愚痴、悪口を口にしているのかというのを実感するところから私は始めました。
少なくとも自分がそういった発言が少なくない人間であることは自覚していましたから、その程度をはかってみようと思ったの。 勿論・・・あまりの多さに自分でもビックリしちゃいましたけれど

でもね、自分がどういうときにどんな不平不満を口にするかを把握できてきたから、突発的ではなく毎日あるような・・・それこそ例えば相方に「うるさい! 邪魔するな!」と言いたくなる場面では、「あとで話を聞くから少しだけ待ってて。」と言うようにしているし、食事の最中も毎日のように言い続けたお小言のようなものを口にしなくなった。 出来るだけ楽しい話をしながら食事をしようと意識が変わっていくのがわかってきたところです。

それでも私は始めてからまだ1週間にもなりませんけど、一度も丸一日付け替えないで居られた日はありません。
不平不満や愚痴や悪口…これらを言わずにたった21日過ごすことがこんなに難しいの?!と驚きでイッパイですw 21日なんて、1ヶ月にも満たない。 たったそれだけの日数どころか、たった1日ですら私は達成できないのか・・・こんなに難しいのか。

もう、不満は言わない』の中には、このチャレンジの成功者は平均的に4ヶ月~8ヶ月で達成しているんだそう。
驚きました。 みんなそんなにかかってるのか!!って。
私もその平均くらいで達成することが出来るんだろうか・・・?とちょっと不安になりますね。
たった1日でも付け替えずに済んだら少しは自信もつくかもしれないけれど、現時点ではなかなか見通しは明るくないですw

・・・あれ? 今のって不平不満になる?!(汗

ほらね?w こんな風にブログかいてるだけでも一日に何度も付け替える私w
それでも今の時点で諦めようとか、止めちゃおうって気はないんだよね。
確かに「面倒」だとかっていう気持ちは少なからず持っているけれど、結構これが面白いんだ。
また言っちゃった!」って感じで、むしろそれが笑い話になってるくらいですもん。

相方ママや相方も仕事の愚痴や不平不満をよく口にする。
正直そういった話を聞くことがこれを始めてから少し苦痛になってきた
二人にもチャレンジを薦めたいなと思いながら、まずは自分が達成して成果を見せてあげようという気持ちもあり・・・現時点では二人にそれを薦めるのではなく、こぼした不平不満に対し、言葉を選びながら引きずられないように注意深く会話することを、私の中で「言葉遊び」のような感覚にして行っている。

私がまず変われば、もしかしたら二人も変わるかもしれないし、私が変わったことに興味を示してくれれば同じ方法を胸を張って薦められると思うしね。
ただ・・・どうしても二人の話す内容があまりにもネガティブで負のエネルギーがたっぷりの場合、私は黙ります。 そこに混じってしまえば引きずられる。 そう感じたときには黙秘権ですw

もう、不満は言わない』の中にもね「不平不満よりも沈黙を選ぶ」という章がありましたし、どうしても言ってしまうそうだと思ったら黙るというのもひとつの手段として有効なのだと知ったからさ。

私は自分が日頃言葉が悪いことを気に病んでいた。
それを直したくてもなかなか直せずに居た。
私はもうやって生きてきたんだから仕方がない・・・そう言い訳をしてきたんです。
たったひとつのブレスレットが腕に付いただけで、意識は少しずつでも変わるものです
何の変哲もないシリコンブレスレットは、自分の言葉を聴き戒めてくれるものになっているの。
付け替えることで注意深くなる。 注意深くなれば少しずつでも不平不満は減る。 それを実感しています。

この、『もう、不満は言わない』という著書を、もっと多くの人に読んでもらいたい。
このチャレンジをもっと沢山の人に知って欲しい。
世の中や自分の置かれている状況に不平不満を持つ人に、挑戦してみて欲しい。
私もまだたどり着いてはいないけど、このチャレンジを達成した先に今よりも素晴らしい毎日があるのだろうという期待を持って、まだまだ挑戦していたいと思う。

ちなみにブレスレットは A Complaint Free World.org へ「欲しい」と要請すれば無料でもらえるのだそうだ。 ただ・・・英文のサイトなので私には読解が困難でしたけど(汗
それでもブレスレットでなくとも構わないんですよね。 ゴム輪でもなんでも。
このブレスレットが千切れてしまうまでに達成できなかった場合、新しいものを要請するかもしれないし、ゴム輪で代用するかもしれない。 それでもどちらにせよ、私はこの挑戦をきちんと達成して、「幸福証書」をもらえるまで辞めるつもりはない。
幸福証書」もサイトで申請するともらえるようですよw
絶対もらってやるんだから!

今後、この挑戦に関してもブログで報告していこうかなと。
21日間の達成が出来たら、褒めてやってくださいね?w
コメント
この記事へのコメント
不満を言わないって、
簡単なようでいて、超難しいですよね…
私だったら、
喉が詰まって、窒息しちゃうかも(笑)
2008/09/28(日) 23:24:32 | URL | MIE #-[ 編集]
MIEさんへe-53

難しいですよwwww
それこそ窒息しそうなくらいに!
でもなんとなく・・・義務感よりもゲーム感覚で楽しみながらやってますw

言葉を選びながら話をするのは、なんというか・・・自分のボキャブラリーの引き出しを最大限まで開けまくっての会話になるので、結構頭も使ってイイ頭の運動になりますよwww
感情に任せて喋るとアウトなので、よく考えてから喋れるようにもなってきますからね^^
地味に結構オススメですw
2008/09/29(月) 08:00:45 | URL | xx月神xx #GJGQSZXM[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2017 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。