FC2ブログ
2007年 05月 28日 ( Mon)
シェアブログluunaに投稿
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
またまた続きが気になって☆
『くじラブ・ワゴン』の第四話を見てきたよ!
第4話「クジラを救出した漁村に行って」

ユキとイヴァン、今度は四国を訪れたのは瀬戸内海に面した愛媛県大西町の九王海岸。この海岸に3年前の冬、瀕死のニタリクジラが打ち上げられましたがその後このクジラは町の人々に助けられ無事海に戻っていきました。
しんな当時の方々に二人がインタビューしちゃいます☆



私の年齢だと、恐らくクジラを食べたことのない人も沢山いると思います。
聞くにしても、せいぜい子供の頃に給食で食べたという話を聴く程度で、他でクジラを食べてたって話ってあまりきいたことがないんです。
実際私もたまたま機会があってつい数日前に「クジラのメンチカツ」ってのを食べました。それが、初体験です。

私のような人たちはきっと少なくない。
今はどうやらクジラは「食べる」ものではなくて、「鑑賞」をするものとしての認知度が高まっているらしいですもん。
アレです「ホエールウォッチング」というヤツですね。

動画の中で、クジラの救出にあたった人が当時の話をしてくれてるんですけど、打ち上げられたクジラは眼からもゼリー状のモノを流していた…涙のようだった…助けてあげたかった。そんな風に言ってるよ。

体長およそ7.3㍍の子供。
そのクジラの子供を必死で助けようとする人々に何だかとても感動しちゃいました。
無事に海に帰ってくれてほんとに良かった。
こんな風に「助けよう」とおもってくれるような人が多ければいいのに。
最近居酒屋では絶滅危惧種のクジラが出てるとこもあるそうです。
一方では打ち上げられたクジラを助け、一方は絶滅に瀕したクジラを食す。
矛盾しているような、歯がゆい気持ちになりますね…。
本当に色々考えさせられる。
でも基本的には、「生物を大切にしなくては」と思えている人間は、イヴァンとユキの言うように、国籍や何かは関係ないんでしょう。
みんながみんな、クジラを助けるように勤められたらいいのにな。
そんな風に思う、感動しちゃった第四話でした。

↓全10話公開中です☆↓
『くじラブ・ワゴン』

「※BloMotion・キャンペーン参加記事」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2020 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -