--年 --月 --日 ( --)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年 08月 20日 ( Wed)
iconicon東野圭吾さん 『容疑者Xの献身』icon 面白かったです~。
『探偵ガリレオ』icon『予知夢』icon に続くガリレオシリーズの第3弾作品ですよねぇ。
文庫になるのをず~~っと待ってて、8月に文庫版が発売されたってコトで、喜び勇んで書店に向かいましたとも。

今年の10月に映画化が決まっているそうですよね。 出演はドラマシリーズでおなじみの福山雅治さん、柴咲コウさん、北村一輝さん、それから松雪泰子さん、堤真一さん他です。
私はドラマシリーズは見ていませんから、特別映画を観たいとかは思わないですけどねw
原作派ですから! 活字大好きですから!!

今回のシリーズ初の長編。 ガリレオシリーズは短編集みたいな感じだったので、前々からもっと長いお話を読んでみたいな~なんて思ってたので、私にとっては「待ちに待った」長編作品なんですwww

あらすじ・・・というか、本の帯に書いてあった部分を抜粋させてもらうと・・・

運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪。

これほど深い愛情に、これまで出会ったことがなかった。

この世に存在することさえ知らなかった。

と、書かれているんですけどね。
内容については・・・触れないほうがいいのかしら?
感想だけにしておこうかしら?

今回の事件もまた、天才物理学者の湯川が事件の謎に挑むのですが、今回その「謎」の部分を持っているいわゆる “犯人” となるのは、湯川の大学時代の親友である、石神。
彼もまた湯川とは違う「数学」という分野に於いてだけれど、湯川も認める【天才】。

天才同士の対決って感じなのかな~なんて簡単に思ってたんですけど、今までのシリーズでは感じられなかった湯川の憤りや苦痛・・・苦しみがなんかこう表に出てきて、ちょっと彼が人間らしく思えました。

前半はわりと淡々と読んでたんですけど、後半に行くに連れて徐々に胸が痛むような感覚が襲ってきます。
終盤では、帯に書いてある通り・・・「これほど深い愛情に、これまで出会ったことがなかった。」と思わされました。 ここまで人は人を愛せるものなのか? という疑問と同時に、ここまで愛されてみたいというような欲求も出てくる。
愛した相手とは言え所詮は他人なのに・・・ここまで出来るって凄すぎる。

最後の最後に、裏切られたような思いと一緒に胸に溢れてくる驚きと悲しみ。
読んだ人にしかわからない感動というか、衝撃。
映画化まではまだ少しありますけど、原作派の方でまだ読んでない方が居れば・・・「是非コレは!!」 とお勧めしたい一冊でしたね。
こんなに面白いなら、文庫になる前に読めばよかった!w
なんてひそかに後悔しちゃいましたから、私w

セブンアンドワイでも本のカテゴリのトップに表示されてました。
文庫化、すぐ気がついてよかった~♪

↓本屋大賞2008も覗いておかない?↓
セブンアンドワイ
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
これ、面白そうですよね!
私はドラマは時々見てたけど、原作は読んだことないです。
今度読んでみよう(≧▽≦)
すごく深い愛なんですね。
家族以外で心から愛せる人に出会えるのって、一生であるかないかくらいかもしれませんねー。
私もそれほど愛されてみたいですw
最後の最後の衝撃が、すごく気になりましたi-189
2008/08/20(水) 21:50:46 | URL | 空子 #sSHoJftA[ 編集]
空子さんへe-53

空子さんはドラマを時々見てたんですね~♪
原作面白いですよー。
極端なコトを言えば、過去の2作を置いておいても、コレだけは読んでみて!!って言いたいくらいに、ココ最近読んだ本の中ではかなりのお気に入りなんですw

衝撃は、ストーリーとしても衝撃ですけど・・・胸に突き刺さるような衝撃です。
こういう関係で、ここまで愛せるって一種の才能だと思いましたから。
読んだら感想を私と語り合ってくださいwww
濁して書くのがもどかしいですwww
2008/08/21(木) 07:49:37 | URL | xx月神xx #GJGQSZXM[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2017 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。