FC2ブログ
2008年 08月 07日 ( Thu)
応援お願いしますペコッ。.:*・゜┌○゛
TREviewブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

中学生の頃、薬剤師という仕事に就きたいと思ってました。
子供の頃からアレルギーだのアトピーだの・・・何かと病院に通ったり、薬屋さんに寄ったりとかってことが多かった私。
調剤薬局なんかで働く薬剤師さんとも自然と親しくなるわけでして。

小学生くらいのころかなぁ?
かかりつけの病院の調剤薬局で働くお姉さんがね、凄く優しくしてくれて嬉しかったのを覚えてるのね。 学校から真っ直ぐ病院に行かないと行けなかったりとかでね、あまり友達と遊んだりも出来なかった頃があって、薬を待ってる間に薬剤師のお姉さんとお話をしてたさ。

学校のこととか、友達のこととか・・・遊びに行きたかったなーとか。
小学生の話ですから、仕事の邪魔にしかならないはずなのに、一生懸命聞いてくれて、お話してくれてね。

「ちゃんと治るお薬を作ってあげるからね。」

「治ったら沢山遊べるからね。」

って、いつも笑ってくれるお姉さんだったんだよね。
白衣のとっても似合う、キレイなお姉さんでさ。
たとえ子供だましの気休めだったとしても、不満を抱えた子供心には凄い嬉しかったわけで。

んでね、いつも薬を貰って帰るときに・・・
白衣のポケットからアメとかチョコとか出して、「あげるね。」って渡してくれたの。
他にもお薬を待ってる人が沢山居ても、貰ってるのが自分だけだったように見えたから、なんだか凄く特別扱いしてもらってるみたいで嬉しくてw
私ね、お姉ちゃんって居ないからさ・・・なんかちょっと自分のお姉ちゃんになってくれたみたいな気がしてたのかも。

私が中学生の頃に一時期薬剤師を目指したいと思ったのは、そのお姉さんの影響ですからね。
どんな仕事かとか、そういうのは詳しく知らなかったけど・・・自分みたいな子にあんなふうにお話できる薬剤師さんになりたかったんですよ。
子供って病院とか薬屋とか好まないじゃない? でもいつも同じお姉さんが居て、いつも優しくしてもらえたら、友達と遊ぶ時間が削られても、苦い薬を出されても、それでも「絶対行きたくない場所」にはならないじゃない。

医者とか看護士とかに憧れても良さそうなものだけど、医者や看護士に優しくされた経験は生憎ないんでねwww 子供心に優しい薬剤師のお姉さんに影響されて憧れたんだと思うわ。
結局それも一時的な夢として、現実に私の苦手分野の勉強を強いられると判明した時点であきらめちゃったんだけどね。

それでも今も、薬局に出入りしたり・・・薬剤師 求人の募集なんかを目にすると、思い出すのは当時のキレイなお姉さん。
ソレとともに、その職業に憧れてた自分の気持ちも思い出して、「あー・・・なんであきらめちゃったのかな~?」って思うこともあるんですよw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2020 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -