FC2ブログ
2008年 07月 16日 ( Wed)
応援お願いしますペコッ。.:*・゜┌○゛
TREviewブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

私は北海道生まれの北海道育ち。
んでもって今は九州人。
本州への旅行の経験はあるものの、住んだことは無く・・・訪れたことの無い地も多数ある。
南信州もまた、名こそ知れども訪れたことの無い地。
正直な話、どんな場所でどんな名産があって、どんな観光場所があるかさえもよくわかっていなく、あるのは頭の中にある「想像」。 つまり、「イメージ」でしかない。

南信州のイメージとして最も先に頭に浮かぶのは、その地に住まう人たちは気ままな田舎暮らしをしているのだろうという、なんとも単純なものでしかない。
広大な大地と豊かな自然の風景が目に浮かび、暮らす人々は皆ゆったりとしたペースの中でにこやかに笑みを浮かべている・・・都会とは違い、すれ違う人の顔も見ないような生活ではなく、見知らぬ人とも袖を振り合えば言葉を交わす・・・そういう人たちの居る場所だろうなというそんなイメージ。

私のこのイメージは、決して悪意のあるものでも小ばかにしているわけでもなく、そういう暮らしやそこに住まう人たちの気質やなんかは、南信州の魅力であるだろうと思っている。

自然の恩恵を存分に受けた地で育つ果実はさぞ美味であろうと思うし、高級ドライフルーツとして有名なものの中には、「市田柿」がある。
私は柿が苦手なので、ドライフルーツであるとはいえその「市田柿」も食わず嫌いの節があるのだが、好きな人にとってはたまらなく美味しく感じるもののひとつであることは間違いないのだろう。
コンクリートに埋め尽くされた地では決して美味い実を成さないであろうそれを育めることもまた、南信州の魅力でしょう。

もうひとつ、個人的に魅力を感じたのは・・・毎年8月に飯田市で開催されると言う「人形劇フェスティバル」。
今年は8月2日~10日まで「世界人形劇フェスティバル」が開催されるそうだが、現代人形劇であけではなく、伝統人形芝居などの幅広いジャンルの人形劇が市内にあるおよそ100もの会場で行われるのだそうだ。

私はね、現代の人形劇なんかも好きだけど、歴史ある人形芝居というものに興味を持っている。
「芝居」や「激」の類はもとより、可愛らしく、精巧に作られた「人形」に興味があるというのもある。
南信州に関する情報の薄い私が、このサイト思いいろいろと南信州の情報を見て回ったところ、観光地としてあげられた美術館や博物館に激しく焦がれる思いをしたのもそのためだろうと思う。

川本喜八郎人形美術館
そこに行ってみたい。 NHKの人形劇でも使用されたという、三国志や平家物語の人形の展示なんかがされているらしい。
そこに行ってみたいのだ。

私はね、日本の伝統ある細かい細工の人形が好き。
勿論外国にも見目麗しい豪華絢爛な人形や可愛らしい人形が多々あるのだろうが、厳かで華美ではないものの、凛とした美しさのある日本の人形に魅力を感じる。
そのため、その人形を集め、展示している施設のある南信州へも魅力を感じたとともに、今まで「自然多き広大な土地」としてしか認識していなかったその地への憧れや、そこを訪れたいという気持ちがふつふつと湧き上がったのだろう。

魅力溢れる南信州、飯田という、街には「語リスト」と呼ばれるパートナーが多数居るらしい。
全国にこの地の魅力を発信してくれる力強いパートナーとして、そう呼ばれている方々だそうですが、アーティストに起業家、画家、自転車の街飯田であるからこその自転車チームなどの「語リスト」たちが居り、インタビューに答える姿などをサイトでも公開しているようです。
若い世代の人たちを「語リスト」とし、若い人たちから南信州の魅力を発信して貰うと言う試みがどんな成果を挙げているのかは私には量りかねるが、恐らく功を奏しているのでしょう。

また飯田では、気ままな田舎暮らしや農家の滞在体験などができるという「ワーキングホリデー飯田」とやらを実施しているとのこと。
農業に関心がある方は勿論、スローライフを体験してみたいという方には一度体験してみて貰いたいなと思うところですね。
私自身都会→田舎への移住をしたことで様々な刺激や発見がありましたから、人間性を豊かに、視野を広くするための経験として、スローラーフ体験と言うのはオススメできるかなと思えますから。

南信州は移住する人も増えているのだそうですが、そんな方々にオススメしたいのが、飯田市役所の「結いターン キャリアデザイン室」というのもの。
Uターン/Iターンの希望者に向けた仕事情報だったり、住む場所などの情報が沢山掲載されているのだそうです。

現時点で私が南信州への移住をする可能性は限り無く0%に近い。
また、特別スローライフの体験をしたいとも思わない。
・・・今がまさにそれなので。
だが、体験してみたいとか…住んでみたい、または住まざるを得なくなったなどという方が居れば是非参考にはして欲しい。
私としては、南信州へは一度は観光に訪れたい。
自分の脳内で、イメージだけで固められたその地をこの目で見て、身体で感じて別のイメージを持って見れたら・・・と思うし、出来れば8月に訪れてその「人形劇フェスティバル」を観たいとも思う。
勿論、博物館や美術館などへも赴きたい。

南信州の魅力と言うのは、今の私には明瞭に見えているものではない。
いつかその地を踏んで、肌で感じた魅力をまたココで書ける日が来れば良いなと思う。

住まう人の笑顔が魅力


街を歩くと見える風景が魅力


風を切って走る自転車チームが魅力


魅力ある地に、住みたい人は増えている・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2020 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -