--年 --月 --日 ( --)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年 07月 12日 ( Sat)
応援お願いしますペコッ。.:*・゜┌○゛
TREviewブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

私ね、お芝居とかミュージカルとか・・・多分映画よりも好き。
目の前で撮影されたものではなく、生身の人間が演じる様々な演目を楽しむのが好き。
見るのも、演じるのもどっちも好きでね、お芝居とかミュージカルなんかを観に行くと、必ず帰り際に口から出るのは・・・感想だけではなく「私だったら、○○役がやってみたいな。」って台詞w
観るのとはまた違った興奮があるじゃない?w
「あの輪の中で、自分も演じてみたい」って感じるくらいに感動したいんですよねw

学生の頃は時間にもお金にも余裕があったので、興味のある芝居やミュージカルはチケットが取れればいそいそと観に行ったもんだけど、仕事を始めてからはなかなか時間もとれず、仕事を辞めたら時間はあれどお金が無く・・・
現在はどちらかというと後者。 しかも、地元でないためにどこで公演があるのか皆目見当もつかない上、恐らくこの辺の田舎からは遠いところでやってるのだろうという諦めもある。
おまけに、相方はこういうものに興味を示さないため…こっちで芝居好きの友人でも作らない限りは観に行ける機会はまず訪れないだろうなぁと。

観たい演目はしばしばあるんだけどね。 近くで公演が無いのがやっぱ一番のネックかなぁ。
今もね、『葉っぱのフレディ-いのちの旅-』というミュージカルに興味があるんだけど、これも生憎北海道と東京、大阪でしか公演が無いようで…。


『葉っぱのフレディ-いのちの旅-』ってさ、原作は絵本なの。
それもね、105万部のベストセラーで…中学の教科書にも採用されたって言うかなり有名な作品なんですね。 私の通ってた中学で使用してた教科書には掲載されてなかったような気がするんだけど…当時気がつかなかっただけかなぁ?
なんでもアメリカの哲学者である レオ・バスカーリア さんが原作を書き、絵本翻訳家の みらいなな さんが翻訳をしたんだとか。

『葉っぱのフレディ-いのちの旅-』はね、物語を通して人間が生きることの全てを子供たちに伝えること・・・「生きていくこと」の意味や、いのちの循環についてを描いた上でそれを伝えること…それを目的として、凄く重要なメッセージを沢山盛り込んだ作品になっているんだそうです。

これね、子供が主役のミュージカルになっているんだけど・・・上の画像を見てもわかるかな?
葉っぱのフレディ公式サイトで流れるフラッシュやキャストの紹介なんかを見るとハッキリわかると思うんだけど・・・役者の殆どが子供なの。
子供に対してのメッセージ性の強い作品を、その子供に演じさせることで、演者の子供がその役柄や物語を深く理解し演じることで、子供から子供へわかりやすく主旨が伝わるんだろうなぁという印象を受けますね。

私はもう「子供」なんて年齢ではないけれど、テーマが壮大であり大人でも知っておくべきこと、思い出すべきことであるために「観たい」という気持ちになるんです。
演者が大人ではなく子供であるというのもかなり引っかかり、子供の目線で噛み砕いたそのミュージカルを、大人の自分が見たときに自分の中で何かが変わるような気がするなって思って。

今回のこのミュージカル『葉っぱのフレディ-いのちの旅-』、ミュージカル自身にもかなり興味をそそられるんですけど、同時に着目したいのは協賛となっている「グローリーフ」の活動です。
株式会社ブロードリーフのプロジェクトである「グローリーフ」では、子供や孫、そしてその先の世代のために・・・「青い地球を守る緑の葉っぱたち」のサブタイトルの通り、地球を守っていくことを目的として、CO2削減を促すため…森林再生の必要な土地に、3万本の植林活動という実活動を行うことでの環境への貢献をしてるんだそう。 

それから…各企業へは「環境にやさしい企業」を。
企業に来店した方には「グローリーフ マークのお店は地球に優しいお店」 を訴求できるということを目標にしているんだとか。

環境活動、エコライフは現在多くの人の関心を集めていることだけに、この会社のこの活動に関して興味を示す方は多いと思う。
私もまた、最近からではあるけれどエコへの関心は高まっていますから、CO2の削減、植林活動、環境に優しい企業体制など・・・これらの活動を心がけているというのを拝見し、尊敬に値するものだなと感じたわけです。

それに加えて、今回環境をテーマにしているミュージカル『葉っぱのフレディ-いのちの旅-』の協賛も、その活動のひとつにしたというわけなんですね。
協賛だけに留まらず、来場の促進や・・・情操教育の一環として、全国の幼稚園に原作の絵本・鑑賞チケットのプレゼント企画などというような積極的な活動を考えていらっしゃるようです。
ただのミュージカルではなく、訴えかけるものが環境のことであるが故に協賛しているんでしょうけど、単に環境活動を行うだけでなく、こういったエンターテイメントでの訴えかけにも惜しみなく協力の姿勢をもつ活動スタイルはすばらしいと思いましたね。

いのち、そして環境の大切さ。
子供に教えてあげたい大きな課題でもありますが、大人だって何度でも考えて行動を見直す必要のある大きな大きな課題。
機会があれば、ミュージカル『葉っぱのフレディ-いのちの旅-』を一人でも多くの人に観覧して欲しいと思うのね。
公演が限られた場所でしかないのが少し残念ですけど、足を運べる距離に居る方は勿論、公演の頃に旅行計画なんかを立てている方にも、そのうちの一日…ほんの少しの時間ですから予定を空けて観覧して、いのちや環境に関して深く考える機会として欲しいですね。

お子様の居るご家庭でしたら、是非ファミリーで。
恋人同士でも、友達同士でも…勿論ひとりでゆったり観覧もいいでしょう。
日程は葉っぱのフレディ公式サイトでも確認していただけますが、文末に簡単に記載しておきますので良かったらご確認の上興味があれば葉っぱのフレディ公式サイトへジャンプし、詳細をチェックしてみてくださいね。
また、協賛しているグローリーフに興味をお持ちの方はそちらのサイトで詳しい活動等をご覧くださいませ。


■特別版 北海道公演
<洞爺湖サミット連動プロジェクト>

7月8日 18時30分
7月9日 18時00分

会場 北海道恵庭市民会館
※この日程は終了しています。


<大阪公演>

8月15日 18時30分
8月16日 11時30分/15時30分

会場 NHK大阪ホール


<東京公演>

8月25日 18時30分
8月26日 14時00分/18時00分
8月27日 13時00分/17時00分
8月28日 14時00分

会場 ゆうぽうとホール


各会場、記載は開演時間です。
開場は開演時間の30分前となっています。
問合せ先など詳しくは公式サイトにてご確認ください。

私は観にはいけないけれど、もし観に行った方がいればその感想を聞かせてくださると嬉しいです。
こういう興味深い公演、主要都市だけではなく・・・田舎でもやってくれたらいいのになぁ。
なかなかそう上手くはいかないかぁ・・・(´・ω・`)ショボ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2017 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。