--年 --月 --日 ( --)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年 06月 23日 ( Mon)
応援お願いしますペコッ。.:*・゜┌○゛
ブログランキング・にほんブログ村へ

ちょっと面白いブログパーツを見つけたので、右下に貼り付けてみちゃいました☆
ブログパーツを見て、ピンと来た方は映画通だね!
実はこのブログパーツは今年の7月26日に全国ロードショーとなる、20世紀フォックスの映画 『ハプニング』 のブログパーツなんですよ♪

映画「ハプニング」公式サイトにアクセスするとブログパーツの取得ページに行けば、そこに表示されているソースをコピーしてブログに貼り付ければ設置完了。
簡単なのでサクっとやってみたってわけよ。

このブログパーツ、一見普通に映画の宣伝のためだけの何の変哲も無いパーツに見えるでしょ? それがね、ブログパーツに表示されているように「クリック」してみると?!
ビックリしちゃいましたwww
一瞬、パソコンにウィルスでも入ったんじゃないか?!と思うような壊れ方。

クリックして最初に起こるのは、第1の兆候「言葉の錯乱」。
え?! 何?! って感時で一瞬かなりあせります。
そのあと浮かび上がるのは、第2の兆候「方向感覚の喪失」。
眩暈を起こしたかのような感覚になりますよ。
なんかこう・・・どうしたらいいのかわからなくなるような状態になりますw
そしてそのビックリするような壊れ方のあと、ブログの前面に出てくるのは、第3の兆候である「死」ですね。
ドキっとするような、ゾワっと寒気を感じるようなそんな印象を受けました。

実はこのブログパーツのこの演出にはちゃんと意味があるんです。
映画と連動してるの。
この映画『ハプニング』はね、ある日突然アメリカ全域を襲う「異常現象」をテーマに作られた作品なんです。
地球規模で起こるこのゾクゾクするような恐ろしい異変の兆候が、ブログパーツをクリックした時に起こる3つの兆候。 「言葉の錯乱」 「方向感覚の喪失」 そして「死」なの。
その3つの兆候を、ブログ上で表現したのが、そのパーツをクリックした時に起こる演出ってこと。

『ハプニング』の監督は、「シックスセンス」や「サイン」を撮った M・ナイト・シャマラン監督。
私「サイン」は見てないんだけど、「シックスセンス」は見て面白かったな~と思ってる。
特に映画を見る時に監督が誰かとかってのは私は気にしないほうだけど…この作品は彼の作品だということを抜きにしても面白そう。
勿論監督のファンとしても見ておきたいとおもう作品だろうと思うしね。

映画に関する情報は映画「ハプニング」公式サイトで各自欲しい情報を得てくれればと思います。
サイトではCMムービーで映画の一部が見られます。
ブログにも貼り付けられるようなので・・・私もちょっと張っておこうかな?
良かったら視聴してってくださいな。


ちゃんと表示されてくれるとイイんだけど。
この予告ムービーかな? これを見ただけでもなんだか「恐怖」や「不安」を感じます。
ああでも・・・こんな風におかしな世の中になっているのなら、こういうコトが起こっても不思議じゃないかもしれない・・・なんて冷静に見てる部分も少しある。
なんにしてもこの映画にはとても興味があるわ。
公開されたら映画館で観たいかな。
普段映画館にはあまり行かないけれど、こういうスケールの大きな作品は、大画面で迫力の音響の中で観る方がより楽しめそうな感じがしますから。

ちなみにブログパーツをクリックすることで起こる「ハプニング」に関しては、上で触れたけど・・・詳しくココには書きません。
先にどんなことが起こるかわかっちゃったら面白くないでしょ?w
知りたい方はクリックしてみてねw
結構ビックリすると思うんだけどw

映画『ハプニング』、みなさんは興味ありますか?
映画に興味のある方は勿論、ブログパーツに興味をお持ちの方も、まずは映画「ハプニング」公式サイトにアクセスしてみてくださいね☆

あ、ちなみにモバイルの公式サイトでも携帯の待ち受けにハプニングが起こるような、FLASHを配布しているようですから、そちらも興味があれば公式サイトからチェックして携帯でアクセスしてみてね♪

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2017 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。