FC2ブログ
2008年 06月 14日 ( Sat)
応援お願いしますペコッ。.:*・゜┌○゛
ブログランキング・にほんブログ村へ

私はねー、ごはんよりも麺が好き。 でもって麺よりパンが好き。
朝・昼・夜と、三食パンとかでも全然平気なのね。
けどさ、どうしてもごはんが食べたくなるときってあるんだよね。
そういうときになんだか「やっぱ私は日本人なんだわー。」なんてことを思ったりもしてw
どんなに麺とかパンとかが好きでも、しばらく食べてないと無性に食べたくなるんだよね、ごはん。

ちなみに私、おかずは何でもイイって子です。
ほんとね、味さえすれば何でもごはんのおかずに出来ちゃいます。
ぁ、でも炭水化物同士の組み合わせは避けるけどwww
ラーメンとごはんとか、お好み焼きとごはんとか・・・そういうのは自粛。 太るから。

あつあつの白米と一緒に食べるものっていうと・・・まぁ上に書いたようにほんと何でもおかずにしちゃうんだけど・・・好みで言わせてもらうと 佃煮 が好きです∑(ノ∀`*)
ぁぁんw 年寄りくさいわwwww

ぃぁ・・・でも美味しいでしょ?!
海苔とか昆布とかの佃煮。
あつあつの白米に乗せてパクパクと・・・それだけでおかわり出来ちゃうくらい好きなんですけどね。
ただ塩分が強いので、普段そんなそればっかり食べたりは絶対しないんだけどね。 美味しいものってどうしてもこう・・・身体に悪いものが多いような気がしちゃうよ。
お肉とかお魚とかも好きだけど、あえて「あつあつの白米と一緒に食べるなら」と問われると、ポンと頭に浮かぶのは 佃煮 なんですよね…。
それに同じくあつあつのお味噌汁があればそれで充分デスヨ。

佃煮もスーパーとかで見てると結構いろいろあってさぁ・・・小さなパックに入ったのを何種類も買って、色々とその日の気分で違うの食べてます。

実家に居た頃は私だけじゃなく、母とか妹とかもごはんより麺とかパンとかを好むから、比率的には多分5分5分くらいで食べてたと思うんだけど、今は相方も相方ママも夕飯に白米が無いと嫌がるので、仕方なしに毎日炊いてますよ。
なので、必然的に私の「佃煮率」も上がるわけで…
摂取塩分はどんどん増えていくばかりとなるわけでorz

そんなことはどうでもイイんですけど、私は苦手・・・というか多分アレルギーがあるはずなので食べられないんですけど、相方と相方ママはごはんのおかずに 明太子 が好物のようですね。
火を通せば私も食べられるんですけど、二人とも生をあつあつの白米と一緒に食べたい人たちなので、特に好物でもない私は黙々とその横で佃煮を・・・w

そういえば、実家の父も明太子好きだったような気がするし、伯父も好んで食べてたような記憶がうっすらとある。
子供の頃から生の明太子は「食べたらダメ!」といわれ続けてきている私には、それがそんなにも美味しくて白米にあうものなのかどうかがわからない。
ただ、食べている人を見ている限りでは・・・幸せそうに「うまい!」って言いながら顔を綻ばせている所から、かなり美味しいのだろうなと・・・思ってはいる。
きっとこういうのをお中元とかに贈ったら喜ばれるんだろうな・・・なんてことも考えたりもする。

たとえばお中元に明太子を・・・と思ったときに、じゃあどこで買う?
ご近所のお中元特設会場とかで探す? それとも適当にネットで検索して出てきたショップとかで買っちゃう?
ちょっと待って!
明太子を贈るんだったら、まずは【須弥山(すみせん)】をチェックしてみてもらえませんか?

須弥山(すみせん)】の明太子…福岡でのみの販売になっているようですが、お客様の声なんかを見ていると、地方の方でも贈答品に選んで通販をしたりとか、空港でお土産に購入したりって感じでも利用されているみたいです。
かなり人気のようだけど、やっぱその秘密は【須弥山(すみせん)】のこだわりにあるんだろうなぁ。

まずは原料となる たらこ へのこだわり。
船上・漬け込み前後・熟成完了後と、何度も何度も厳しい選別を経て残るのは、ほんのひと握りなんだって。 その年の漁の出来にもよるみたいだけど、その中での【須弥山(すみせん)】辛子明太子になれるのは、全体のおよそ2~5パーセントだけとかなり希少みたいですからね。
それだけ選び抜かれた原料を使っているからこそ、「極上」と言われるほど美味しい明太子が出来上がるんでしょうね。
最高の魚卵を使うために、近郊の海ではなくアラスカ沖で捕れた大きなものを使うとか、急速冷凍で鮮度を保つことで見た目も美しいまま保つとか・・・贈答品として味だけではなく見た目でも楽しめるものを提供するように考えているんですね。

そして次に、贅を極めた秘伝の美味として・・・いくつかのすばらしい素材を利用していることも忘れちゃいけない。
口に含んだ瞬間にふんわり広がる柚子の香り・・・
その柚子は柚子の里として高名な大分県日田産の、数少ない農家栽培による貴重な柚子でしか実現できない風味なんだそう。

味のベースとしては欠かせない昆布には、肉厚で濃厚な旨味をたっぷり含んだ北海道産の羅臼昆布を使用してしっかりとした旨味の土台を作り上げているそうですしね。

舌先に感じるぴりりとした辛味には、他の風味を決して邪魔することなく、しかも後を引かない爽やかな辛味をもつ「先辛」の唐辛子を選んで使用しているそうで、ただ辛いだけでなくほのかな甘味を含んだ辛さが【須弥山(すみせん)】の特徴であり、美味しい秘密のこだわりなんでしょう。

漬け込み液には一切水を使用せず、数々の金賞に輝く福岡の名蔵元「喜多屋」の銘酒を使い、さらに2度目の漬け込みには純米大吟醸「寒山水」を加えて仕上げているんだそう。
「寒山水」の持つ華やかでフルーティーな香りが加わって、まろやかで洗練されたコクがいっそう引き立つらしいです。

また、【須弥山(すみせん)】のもうひとつのこだわりとして、贈答品を贈る側にも貰う側にも嬉しい配慮が、包装へのこだわり。
包装ってどうしてもありきたりだったりしちゃうけど、それが当たり前だっていう感覚じゃなくて、その部分でかなり頑張ってくれてるのが嬉しいの。
四つ編みにした竹の籠は、サイトで画像を見ても「あ、可愛いなぁ。」って思わず感じるのね。 きっと手元にそれが届いたら、贈り物を貰った喜びと同時にその包装にも感動できちゃいそうだなって思うのね。
ほかにも温もりを感じさせる木箱や清々しい桐箱だったりとか、内面にも贅沢に和紙を施した貼箱、それから雅やかな三多文様の有田焼なんかもあるんだそう。
どれを選んでも、厳かで可愛らしく、慎ましやかで美しい印象を持つだろうなぁって感じますよ。

掛け紙やひもにも季節を意識した花をあしらったものを用意してくれていたりと、ほかとは違うこだわりが見えてますよね。
たとえば同じレベルの味の品物を選ぶとき、どちらかに決めようと思えば見た目の美しさが決め手になったりもすると思うんだよね。
贈る側だって、どうせ贈るのなら見た瞬間に「わぁっ!」って喜んでもらえる包装で贈りたいって思うだろうし、貰う側だってありきたりの箱にのしがかかっているよりも、一風変わった見目麗しい包装のものを目で楽しめたらより嬉しいと思うもの。

私もね、明太子は食べられないけど…もしもお中元やなんかで誰かに贈りたいって思ったときには、きっとこんな風に、原料にも味にも包装にも・・・こだわりにこだわったものを提供してくれるところの商品を贈りたいって思うし。
贈り物を喜んで貰って、包装を見て喜んで貰って・・・そしてあつあつの白米と一緒に食べて喜んで貰って。 3段階の喜びを感じてくれたら嬉しいと思って贈るんじゃないかな?
それこそアレだ・・・今年のお中元に父に贈ってあげたいなって思った。
その頃には、実家に祖母と伯父も同居し始めているだろうから、めっきり食欲の無くなっているらしい伯父の箸も進むかもしれない。
母や祖母は明太子も喜んでくれると思うけど、その美しい籠や箱を喜んでくれると思うし。

あーでも・・・こんなに美味しそうな明太子なら、相方や相方ママにも食べさせてあげたいなぁ。 一度ココを贈り先にして注文してみようか?
私も少しくらいは食べてみたい。
生では無理でも、一腹くらいおすそ分けしてもらって火を通して食べてみようか。
サイトのトップからレシピ集にリンクしてあってね、そこに明太子を使用したレシピなんかも載っているから、それを見ながら試してみようかな?
茶碗蒸しとかシュウマイとか、普通にかなり美味しそう。

お値段的には自分用に購入するには安いとは感じませんけど、贈り物としては妥当なくらいの額だと思うし。 一度贈って喜ばれたら、ことあるごとに【須弥山(すみせん)】の明太子を贈っちゃいそうw
いかの明太子とかも人気らしいから、そのときそのときで品を変えてみたり、別のものを添えて贈ってあげたりして食べ比べてみて貰うのもいいかもだよね♪

あつあつのごはんと一緒に・・・みなさんも【須弥山(すみせん)】の明太子はいかがでしょう?
ご自分で楽しむもヨシ、贈答品としてもヨシ、インターネットをはじめ電話やFAXでも注文を受け付けてくれていますので、まずはサイトで商品の詳細に関してやラインナップ、実際に口にした方や贈り物に選んだ方の声も参考にしてみてくださいね☆

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2020 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -