FC2ブログ
2008年 05月 17日 ( Sat)
【ラスト・フレンズ】 第6話見ました。
フジテレビ系、木曜22:00~
長澤まさみ・上野樹里・錦戸亮・瑛太・水川あさみ 他…

また遅れレビューですがwwwww
瑠可がとめるのも聞かずに、「死ぬ」という電話をかけてきた宗佑の下へ向かう美智留。
どう考えてもイイ方向に向かうとは思えないのに、どうして帰ってしまうのか。。。

美智留がマンションに着いたとき、宗佑は黙ってソファに座っていた。
駆け寄る美智留に 「おかえり」と声をかけ、何事も無かったかのように振舞う。
それどころか、携帯を出させて「変えるから」と。
美智留のアルバムをキッチンで燃やしながら、「美智留は僕のものだから」と言ってのける。

美智留を欠いたシェアハウスには、オグリンが帰ってきていた。
またしばらくここに住みたいというオグリンに、瑠可は怒るが…当のエリが問題ないと言うことで、ひとまず再度オグリンもそこに住むことになる。

瑠可は、美智留と再会する前に戻ろうと考え、美智留のことを忘れてしまおうとする。
タケルは美智留が心配・・・というよりは私には瑠可の心配をしているように見えたんだけど・・・美智留に電話したが、使われていなかったとみんなに告げる。
その後どうしてもきになったのでしょう。 働いていた美容室を訪れるが「辞めました」といわれ、そこで住所を聞き、マンションへ向かう。

鍵が開いたままの部屋。
チャイムを鳴らしても誰も出ない…

タケルは部屋に入って行く。
そこでタケルの目に映ったのは、幽霊のようにボンヤリとしながら洗濯物を干す美智留の姿と、振り返った彼女の顔にある眼帯。
タケルは美智留を部屋から連れ出し、カフェで話を聞く。
美智留は仕事を辞め、毎日部屋で家事をするだけの日々を送ってると知る。
2時間おきに宗佑が自宅に電話をかけてくるということも。

美智留の顔の眼帯を取ると、そこには痛々しい痣。
夕飯の買い物に時間がかかって、宗佑よりも帰りが遅くなったという理由で暴力を受けたのだと知る。
相変わらずの暴力、行動の監視。
タケルは美智留を説得し、そこから連れ去る。
途中、宗佑に見つかるがタクシーで逃げる。

痣が治るまではタケルのバイト先で寝泊りをし、治った頃にシェアハウスに美智留を連れ帰る。
エリとオグリンは、連れ出してきたタケルに「よくやった」と・・・帰ってきた美智留も歓迎するが、瑠可の態度だけがおかしかった。
美智留はそれを感じ取り、ココに居ちゃだめなのかも・・・と悩む。

美智留を連れ去ったことによって、宗佑が嫌がらせを始める。
瑠可の自宅のポストに、「岸本瑠可は、女の身体に男の精神が入ったバケモノ」とかなんとかって中傷した紙を入れる。
それを見た瑠可は、心配する両親や弟に「優勝したから恨みをかってるんだ」と笑って言う。

カウンセラーの先生に、誰にでもイイからその「秘密」・・・誰にも言えなかったことを言ってみるとイイとのアドバイスを受け、その相手には勿論タケルを選ぶ。

「ココに居てはいけないんじゃないか」と悩む美智留と、その相談に乗っているタケルの話を聞いてしまう瑠可。
「瑠可の心には壁があって、そこには入れないの」
美智留のそのセリフを聞いて、固まってしまう瑠可。
そんな瑠可に気づかず美智留は部屋に入ってしまうが、話を終えたタケルと瑠可が遭遇。
瑠可が「散歩に出てくる」とシェアハウスを出てブランコに座っていると、あとを追ってきたタケルが横に座る。

瑠可が自分の「秘密」を聞いて欲しいと告げると、その前に話をしたいと言うタケル。
自分も過去にあることがあって、誰にも言えない秘密があるということを告げた後、「瑠可が好きだ」と告白。

そこで6話は終わるのだが、タケルに告白されてしまっては、瑠可はまた自分のことを話せないんじゃないかなと思う。
瑠可とタケルの行方、美智留の心、どう動いて、どう絡まっていくのか。
宗佑の嫌がらせもこれだけで終わるとは思えない。 宗佑が簡単に美智留を諦めるとは思いがたいし。
来週、どう動いていくのだろうか。
物語半ばまで来て、折り返し地点。 めまぐるしく展開が流れていきそうなので、振り落とされないようにしなくてはw


応援お願いしますペコッ。.:*・゜┌○゛
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2020 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -