FC2ブログ
2008年 05月 09日 ( Fri)
応援お願いしますペコッ。.:*・゜┌○゛
ブログランキング・にほんブログ村へ

私は販売職や飲食業の経験しか職歴って無いんだけど・・・以前母親に「あんたは営業向きだよ。」とバッサリ言われたことがあります。

私の最も身近な「営業マン」は母親。
子供のころから、割りの良さを優先して、キツイと言われるその営業職に従事してきたのを知っている。
母は何度も仕事を変わっているんだけど、営業の仕事をしてるのは別に彼女にとってはさほど苦ではないらしいと思ってた。
娘の私が言うのもアレだが、おそらく優秀な営業マンだろうと思う。

うちの母はとにかく「話すこと」がうまいのだ。
過去に私が知ってる、母が売ってたものといえば、子供向けの玩具や食品などなんですが…彼女いわく、自分が欲しいと思わないものや魅力を感じないものを売る会社には入らないから、苦にならない…ということらしい。
要は、自分も魅力を感じる商品だからこそ、お客様や取引先にも自信を持ってお話しできるしお話できるんだそうだ。

「お母さん」を相手にするなら、子育て経験を活かしてたくさんのお話をしながら勧める。
食品ならお料理の話をしたり、自分ならどうこうと世間話をしながら勧める。
そんな日常的な会話をしながらの営業だから、「私は成績良いんだよ~?」と笑って言えるのだろう。

そんな母と、私は自他共に認める「似たもの親子」。
見た目もそうだが、性格も酷似している。
だから母は、私に「営業が向いている」と言うのでしょう。

私も「お話」は苦手なほうではない。
それが苦手なら販売員なんかやってないのだ。
「あんたも私と同じで、自分が好きなものを売る仕事なら向いてるんだよ」とキッパリ言われた。
正直私は営業 転職なんか考えたことも無かったが、その時ちょうど・・・・母の営業成績が良く、とても一般家庭と思えないような年収を叩き出したことを聞いた後だったこともあり…
「あんたもこのくらいは普通に稼げるようになるわ」と言われれば、悪い気はしないのだ。

でも、私は営業をやるとしたら何を売る?!
何の営業がしたい?!
そう思ったときに、思いつかなかったのが致命的だ。
それがもしその時に、「こういう商品やサービスを扱ってみたい」というのが出てきていたら、私は営業 転職をまじめに考えただろうと思う。
今でもそれはいまいち思いつかない。
それに、母ほど巧みな話術は身につけていない。。。

母の営業歴を考えれば、比べるだけ無駄なのだけど…やっぱり凄く大変そうだって、見てて思ったこともあったしね。
商品やサービスが売れれば、母の機嫌はイイ。
けど、うまくいかずに上司にギャアギャア言われることだって当然あったのだ。
家に帰ってきて、「アイツ、自分じゃ仕事しないくせにー!!」とキーキー言ってたのを覚えてる。
販売でも一緒だったけど、結局売れれば良いが売れなければ地獄なのだ。
ノルマとして与えられた分を捌くためにアレコレ骨を折る母の姿を見てると、向いているといわれたところで、一朝一夕で出来るようなことではないな・・・と思わざるを得ない。

そんな仕事を何十年も、家族のためにしてきている母は凄いと思うよ。
父も普通に仕事をしているが、何しろ子供3人。
母も仕事をしなくてはいけない状況だったのだ。
時間の制約が少なく、成果さえ上げれば短い時間で多くのお金を稼げる仕事。 そう思って選んだと母は言う。
私もきっと、母と同じ状況になれば営業を選ぶだろう。
たとえ、母の仕事ぶりを見ていてそれが「キツイ」と知ってたとしても、ね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2020 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -