FC2ブログ
2008年 05月 08日 ( Thu)
応援お願いしますペコッ。.:*・゜┌○゛
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここ数日、さっき書いた日記もだけど…
クシャミとハナミズに悩まされて睡眠不足だったりとか、鼻かみすぎて痛いとか…
要は私ってば「アレルギー」ってな厄介を抱えている子なわけです。
今はね、子供のころほどひどくはないんだけど、今回みたいに突然火がついたように症状が出てきちゃう。

私が持ってるアレルギーは、ハウスダストとなんかいくつかの植物(ブタクサとか…)、食べ物のアレルギーも、薬のアレルギーもある。 んで、当然のように花粉もダメだ。

食べ物はダメなものを把握しているので、それこそ大人になってからはそれが起因して惨事になったことはないが、子供のころは生ものなんかを手で触って、そのまま顔とかに触れると真っ赤に腫れ上がっちゃったこともある。 目とか痒すぎて「お岩さん」みたくなる。 痒くてどうしようもなくて、外の風に当たるために夜に外を散歩してたこともある。 勿論、母親に連れられてだが。

植物も厄介。
下手に山の中や草原なんかに入ると、かぶれて痒くなる。
家族でキャンプだのピクニックだのに行くときは勿論、学校行事なんかの時にも母親がすごい気にかけて、かゆみ止めを持たせてくれたりとか、あとは肌が直接草に触れないようにと夏でも行く場所によっては露出はほとんどできなかった。

薬のアレルギーは確か抗生物質だったはず。
一度病院で処方された薬で反応してしまい、そりゃもう地獄絵図のように嘔吐を繰り返したんだそうだ。 薬のアレルギーは特に怖いので、子供のころは私が病院にかかるたびに、行きつけの病院で「あの抗生物質はダメですから。」と母が散々医者に釘をさしていたのだ。

とまぁ・・・子供のころはアレルギーを持つ私に散々神経を使っていたのは、私ではなく母親。 症状がヒドイ時なんかには、「私のせいだよね、ごめんね、ごめんね。」となぜか謝る母親だった。
妹や弟にアレルギーは無い。 私にだけ酷いアレルギーがあることを、母親は気に病んでいて、だから私の症状が酷いのを見ると申し訳なさそうに謝るのだ。
別に母さんが悪いだなんて、思ったこと無かったのに。

一番厄介なのは「ハウスダスト」ってヤツ。
埃とか、家ダニとかそういうのですね。
生まれてすぐから既に症状があった私。 母は私が自分で覚えていないくらいに小さなころから、どんなに忙しくても、一日に何度も掃除機をかけ、雑巾がけをしていたそうだ。
カーペットや絨毯なんかまでも拭きあげる。 そのうちそれらは我が家で使われることはなくなったんだけど。
凄く欲しかったけど、ホコリが溜まりやすいからと、「ヌイグルミ」を買ってもらった記憶なんかもない。 勿論、私だけでなく妹もだ。

当然ペットの毛もダメ。
特に「猫アレルギー」だの「犬アレルギー」だのではないのだが、あの毛がまったくダメらしい。 動物の毛が服についてしまうだけでクシャミが止まらず、目や鼻、のどの奥が痒くなる。
そのためうちでは下の妹弟がどんなにペットを欲しがっても飼うことはできなかった。
母も実家では大きな犬を飼っていたことがあったりと動物好きだったらしいが、私が生まれてからは動物を飼いたいという台詞を聞いたことが無い。
妹や弟も、私のアレルギーが理解できる年になったころから、ペットが欲しいとは言わなくなった。

今でこそ、幼いころに比べると身体も強くなったんだろうし、免疫もついたのだろう。 当時のようにほんのちょっとのホコリなんかは平気なんだけど・・・それでも自分のアレルギーの症状が出たときの辛さは子供のころから刷り込まれているので、面倒でも掃除だけはちゃんとやる。
掃除機はどうしても排気の風でホコリが舞うので、マスクは必須アイテム
アレルギー対策のために掃除をするのに、その段階で出てしまっては本末転倒ですから。

愛用しているのが、「クイック●ワイパー」。
ホコリが舞う心配が無いから、もっぱら毎日の掃除はそれでする。
何日かに一回とかのペースで、部屋を開け放って窓も開けて、換気しながらマスクして掃除機ね。
電化製品やテープルにホコリが積もりやすいので、せっせと水拭き
エアコンや扇風機はまず掃除をしてから、私がいないところで換気しながら運転させて最初に出てしまうホコリを飛ばしてもらってからでなくては使えない。

困るのは布団
それこそココに最もホコリだの、ダニだのと言った私の天敵アレルゲンが溜まりやすいのは知っているのだが、なにぶん干そうにも干すときに症状が出てしまうので、あまり頻繁には干せないところがイタイのだ。
なので、基本的に布団が干せるのは相方が休みの時。
干して、叩いて貰いますね
自分で干したときは、夕方前くらいに相方ママがいれば代わりに叩いて取り込んでくれたりとか。 なんにしても、運ぶときもそうだけど一番厄介なのは「叩く」ときなんだよね。 ホコリが散々舞うから。

タンスやクローゼットにしまってある服にも、埃やダニがつきやすいから、滅多に着ない服なんかはビニールに入れて密閉しておいて、着る前に一度洗濯してからでなきゃ着られない
とにかく、異常なまでに「埃」と「ダニ」っていうアレルゲンに対しては神経質にならざるを得ない生活をしているのね。 バタバタ騒ぐなんてのも、埃が立つからもってのほかだしねwww

食べ物や薬、植物なんかのアレルゲンに関しては自分で把握しておけばさほど心配は無いんだけど、ダニや埃は目に見えにくいし、対策が難しいと思う。
まして、掃除や布団を干すことさえも症状が出ることにビビリながらやらなきゃいけない私としては大変なところ。
そこで、ちょっと気になるアイテムが…【ダニ捕りロボ】。
ロボ…っていうから、人型とかネコ型とかのロボットを思い浮かべちゃったんだけど、そうじゃなくてw

←こういうのです。
向右が、ハードケースタイプ
向左が、ソフトケースタイプ
見た目ちょっとアレですね…タンスやクローゼットに入れておく防虫剤にも似てる。 って、似たようなものなんだろうけどねwww
特徴として簡単にあげると以下のとおりです。

羽1 合成化学物質の殺虫剤不使用。
  *そのため人体には影響が無く、赤ちゃんやペットが居ても安心して使うことができるのだとか。

羽1 置くだけの簡単仕様。 使い終わればゴミ箱へ。
  *ベッドやソファにもぐりこませて置くだけで良く、使用後は中を抜いてビニールに入れてそのままゴミ箱に捨ててしまってOKだそう。

羽1 内部の誘引剤によって、ダニをミイラ化。
  *マットの中にダニが好むニオイのするものを入れておき、ダニがその中に入り込んでそれを食べたり身体に付着することで、干からびてしまうそう。

羽1 生きたまま捕獲する。
  *アレルゲンと呼ばれるものは、ダニの死骸や糞、卵であることから、生きたまま捕獲することでそれらのアレルゲンの発生を防ぐことができるそう。

これね、実際にどのくらい効果があるのかは使ったわけじゃないからわからないけれど、こういうアイテムがあるのなら地位度試してみたいとは思う。
それで少しでもこのクシャミやハナミズ、目や喉の痒みから解放してもらえるのなら…と思うのだ。

マットは3ヶ月間程度有効らしいから、3ヶ月に一度一斉にガーっと換えてあげればイイだけだし、特にソファだのベッドだのをバサバサする必要も無いから、私みたいな人間が使うには影響も無く効果だけを試せるのが魅力的なのだ。

ちなみにひとつ素敵情報を・・・
この「ダニ捕りロボ」を販売している、『ダニ捕りドットコム』というサイトでは、今「ダニ捕りロボ」やアレルギー対策なんかについて、オフィシャル広報として継続的にブログで発信していくブロガーを募集中なんだとか。

ダニ捕りドットコムe

"ブログコンテスト2008

総額200万円 争奪戦

~チャンスは3回・最大100万円!!~

キャンペーン期間は2008/05/07~2009/02/28!!
応募の期間は、1回目が5/7~7/31
2回目が8/1~10/31

審査は第1回、第2回、年間の計3回行われます。
3回それぞれに賞金がありますから、1回と2回に加えて年間でもと3回1位が取れれば、賞金100万円。 それぞれの賞金金額に関してはキャンペーンページを見ていただくと早いですが、1位・2位・3位までに賞金がでるわけです。
1回と2回、両方への応募もOKですからね。

指定された3つのテーマから書きたいテーマを選んでブログ投稿。
記事にはキーワードと必須動画を貼り付けます。
それから、バリューコマースに登録して、ダニ捕りドットコムと提携しバナーを貼るの。

審査はアフィリエイト報酬額、バナークリック数、コメント(トラックバック)数を総合的に判断するそうですから。 しかもアフィリ報酬額優先らしいですからね。
応募期間や各回の締め切りや審査発表に関して、それから詳しいあれこれは、興味のある方が直接サイトを訪問し、キャンペーンページでのご確認をお願いしますね。

賞金額がかなり高額ですから、これは興味をもつ方も多いのではないかしら?
地味の私も興味津々だったりしてΣ(ノ∀`*)ペチッ
取り合えず、キャンペーンにも興味はあるが…私はまず「ダニ捕りロボ」を使ってみたいなとw
ぁ、賞金もらってそれで買い込みするってのもイイかも…w
なぜか去年もおととしもこの時期かなりアレルギーの調子が悪くなる傾向があるので、早めに手を打ちたい。
梅雨に入れば布団はぜんぜん干せなくなるし…ダニ対策、アレルギー対策をはじめてみようかな。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2020 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -