FC2ブログ
2008年 05月 05日 ( Mon)
iconicon山田悠介 『レンタル・チルドレン』icon読了。
って、言っても実はもう結構前に読み終わってたんだけどw
この著者の作品を読んだのははこれが3作目なんだけど、うん、絶対的に「読みやすい」ですね。
悪く言えば、この前コメントでみいなちゃんが言ってた通り「物足りない」感じはするんだけど…ちょっと手に取って何かの合間にサラっと読むのには丁度いい。

サラっと読むには私にはちょっと怖いんですけどねwww
山田悠介さんの作品って、実際にありそうで無さそうな感じのモノやコトをテーマにしている印象が出てきましたね。 この著書に関してもそう。
息子を亡くした夫婦が、子供のレンタルをしている会社を知り、ノイローゼ気味の奥さんを立ち直らせたいという意味も含めて、主人公である旦那さんがレンタルを決める。

レンタルした子供は、2週間のお試し期間の後にかなり高値ではあるけれど、購入することも可能。
一種の人身売買のような(汗

その程度のテーマであるなら別に「怖い」という感情は出ないんですが…ネタバレになるので詳しくは書かないけど、そのレンタルしている子供に「怖い」と感じされる部分があるんですね。
その子供を、本当の子供のように思いながらも客観的に見ている旦那。
本物だと思い込んで接するがために、現実が見えなくなってる奥さん。

怪しい会社の背景や、それに絡んでくる人々… 貸し出される子供達のヒミツ。
私がどこにどう恐怖を抱いたのかは、読んでみてのお楽しみでw

「怖い」という思いは、客観的に読むからこそで・・・
もしも自分の子供が病気や事故で亡くなったら?
そこに子供と瓜二つの子供を「貸し出します」と言われたら?
私は、多額のお金を払ってその子供を借りるのか? 果ては…買ってしまうんだろうか? 同じように病気や事故、事件なんかで子供を失ったという方は全国的にも、全世界的にも少なくはないだろうと思うけど、実際にそういう親御さんたちはこの作品をどんな風に見るんだろう? なんてことをもフト思う。

セブンアンドワイ


応援お願いしますペコッ。.:*・゜┌○゛
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント
この記事へのコメント
子供をレンタルする、そこに見え隠れする怖さ・・・気になる題材です(`・ω・´)シャキン
しかし!作者が・・・気になる(´・ω・`)ショボン
読んでみたい!
だけどサラリとしていて、その後イライラしそうな予感(笑)
悩むところです(´-ω-`)
2008/05/06(火) 09:52:55 | URL | みいな #KF2QN.b6[ 編集]
みいなちゃんへ♡
怖かったよ~。
なんかね、前に読んだ2作とはまたちょっと違った怖さっていうのかなぁ。
ホントにこういうことしちゃいそうな人がそのうち出てきそうだし、こういう子供のレンタルとか、購入とかって普通にやり始めたりしちゃいそうだなぁって。 ただ、その時に結局試作段階だとこういうことが起こりうるんだろうなぁって感じの。

確かにサラリとしてるwwww
最初から、濃い内容だと思わないで、コラムを読むような感覚で読んでみたら後味も悪くないかもよ?( *´艸`)ムププ
2008/05/07(水) 18:55:54 | URL | 月神 #GJGQSZXM[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2020 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -