FC2ブログ
2008年 04月 26日 ( Sat)
山田悠介さんの【あそこの席】読了しました。
サイドバーも更新してあります。

この著者の作品はこれで2作目の読了なのですが・・・前回読んだ【リアル鬼ごっこ】もかなりビビリながら読んだんですが・・・これはこれでまた狂気に満ちた感じですね_| ̄|○
転校生の女の子が、「呪いの席」と噂される席につく。
彼女の転入と同時にそのクラスの担任になった体育教師も、その噂を聞いて気にし始める。

転入の不安は、クラスメイトの誘いによって払拭されるが、楽しい日々もつかの間。
彼女は有り得ないほどの回数のイタズラ電話と、送りつけられてくる自分を撮った沢山の写真によって精神的に追い込まれていく。

「呪いの席」に座っていた最初の生徒は行方不明に。
2人目は精神病になり自主退学。
3人目は自殺…
そして彼女は4人目になる。

彼女と彼女からそのことを打ち明けられた担任教師は、それが「呪い」などではなく、悪質な嫌がらせであると確信し、過去の例も調べ始めることになる・・・

追い詰められて学校を去らない彼女を見て面白くない・・・
そう思う人間が明らかに居る。
犯人は? 概ね犯人の予想は当たったものの、その暴挙に至った背景や犯人の心の内を読むと「そういう流れか・・・」とある意味予想を裏切られる。

読んでて、ちょっと怖くなったものの・・・あっという間に読み終えてしまうのがまた怖い。
怖いもの見たさというべきなのか…次々とページをめくる手が止まらない。
実際にこういうケースのイジメなんかも有り得そうだなと思いながらも、非現実的な狂気じみた嫌がらせや殺人を見て、背筋が凍る思いをした。

山田悠介さんの作品は、まだこれで2作目ですが・・・彼の作品は「読みやすさ」が魅力だと思う。
こういった本を読むことを苦手としている人も、何かのきっかけで読んでみれば、彼の作品の虜になるかもしれないなと。
ホラーが苦手な方は、止めたほうが良いかもしれませんけどね?(-ι_- ) クックックw

角川ビーンズ文庫 _セブンアンドワイ

応援お願いしますペコッ。.:*・゜┌○゛
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント
この記事へのコメント
「あそこの席」は読んだ事無いけれど「リアル鬼ごっこ」は読んだなぁ。
これ、映画化かなんかされたよね?
でも私は全然面白みを感じなくて、好きじゃないなぁ。
設定は面白いかもしれないけれど、物語としてはなんだか簡潔すぎるというか、もっと凝ってほしかったなぁというか。
サラリとしすぎていた気がするんだよね。
確かに読みやすさはあると思う、本を詠むことが苦手な人は入り込みやすいけれど、読書大好きな人は物足りないんじゃないかな?


「リアル鬼ごっこ」の物語のテンポは良かったけどねぇ・・・。
「あそこの席」もテンポが良さそうだね、ホラーは・・・ビクビクするけど怖いもの見たさで読みたいな(笑)
2008/04/28(月) 03:41:11 | URL | みいな #KF2QN.b6[ 編集]
みいなちゃんへ♡
そうそう、確か映画化されてるね。
うんうん。 ちょっとサッパリ終わりすぎた感じはするけど、あれはあれでいいかな~って思うw
凝った作品は面白いけど、そればかり読んでるとちょっと疲れてくるから、時々アッサリしたテンポのいい作品を読みたくなるの。 そういう時にお勧めな感じ?w

「あそこの席」もテンポはいいけど、内容的にはそんな小難しく凝っては居ないのね。
この著者の作品は、どれもこういう感じなのかも。 「レンタル・チルドレン」もアッサリ風味でした( *´ノェ`)コチョーリw

ガッツリ読み込みたいときには外すけど、サッパリ読みたい時にほしくなりそうw
ライトノベル的な感覚で、学生とか長い文章の苦手な人の読書への取っ掛かりにはいいと思うさw

私も本来ホラーは苦手(´゚艸゚)∴ブッ
でもなんか・・・ね?w 怖いもの見たさには勝てなかったw
2008/04/30(水) 20:36:30 | URL | 月神 #GJGQSZXM[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2020 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -