FC2ブログ
2008年 02月 12日 ( Tue)
タイトルどおりですが・・・私が今まで読んだ本の中でイチオシの本を紹介しますね。
コラブロの【ネタのタネ】、2月1週目のテーマに沿ってますw

Are You Happy?はね、リチャード・H・モリタさんの著書なんですけど、彼の著書と言えば『MY GOAL』、『目標設定練習帳』、『記憶の力』、『オイラの法則』などが他にもあるんですけど、私が読んだのはこの1冊だけなんです。
たまたま古本屋で見つけて、そのタイトルに惹かれて思わず購入した1冊だったんですが、それが運命の出会いだったのかもしれません。

落ち込んだり、自暴自棄になったり、道に迷った時に導いてくれるような一冊だなぁと思ったんですよね。
本書の中で「自分らしく成功するための方法」を説いて下さるドクター・フェルトンが実在するのなら、私自身是非講義をお願いしてみたいと思うくらい。そのくらい、文中の彼を言葉に食い入るように読んでしまった1冊なんですよね。

私と主人公(JJ)とは全く違うけれど、何となく…何となくね、自分が講義を受けてる気分にさえなるんですよね。 上手く説明が出来なくって申し訳ないんですけど、JJの境遇にしても、ドクターの話にしても、そのひとつひとつをかみ締めて、自分に照らし合わせて読みたくなる1冊なんですよね。 これ、機会があったら出来るだけ多くの人に一度は読んでみて欲しいと思う。

この本は引越する時に処分してしまったのだけど、きっと何かにつまづいたら時、私はまたこの本を探すんじゃないかと思います。
何故処分してしまったのだろうと今では後悔しているのね。 本当に、心に響く言葉が沢山綴られていて、落ち込んだり凹んだり迷ったり…自暴自棄になったりしたときにこの本が傍にあったらいいかなって思えるんですよね。

本の中でドクター・フェルトンがJJに向かって放った言葉はどれも興味深く心に残るものでしたけど、中でも私がモットも気に入ったのが。。。

無理な努力によって

“なりたい自分”に

なることを望むより、

本当の自分を大切にして、

まず“なれる自分”になる。


この言葉です。
人は無理をしてなりたい自分を作り上げようとしちゃう。 それが無意識であっても「こう見られたい」「こう思われたい」という意識が働いて、自分に無理をさせて無駄とも言える努力をしてそれに向かっちゃう。
けどそうじゃない。 無理なんかしなくても、まずは「なれる自分」をしっかり見つめてそれになることから始めればいいんだよね。
そう考えたら、肩肘張って、虚勢張って、自分作って…そんな風に生きてる自分が可笑しくなってくる。 それでいいんだと思う。 そんな自分を笑い飛ばして、少しハードルを下げたら、なんだか気持ちが楽になるから。

私はこの本に出会って、その時凄く精神的に辛いことが多かった時だったので、正直「救われた」と思ったのね。
だから、今もしも何かに悩んでたり、落ち込んでたり、行き詰ってたりする人が居るのなら、是非この本を手に取ってみて欲しいのです。

そんなわけで、今回この【ネタのタネ】を機会に紹介させていただこうと思ったのでした~。
詳しい説明書いてなくてごめんなさい。
ゲンブツが手元に無くて、上に書いた言葉以外の引用が出来ませんでした(´・ω・`)


応援お願いしますペコッ。.:*・゜┌○゛
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2020 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -