FC2ブログ
2008年 02月 06日 ( Wed)
シェアブログluunaに投稿

先月の25日、ブロ友の高校生 あやなちゃんが留学しました
期間は1年間。 それを目的にしてその高校に入学した彼女。 色々と留学するための条件(主に成績)があったようですが、無事クリアして旅立ちました
彼女は雪月花の方で仲良くしてくれてた子なんだけど、よくメールなんかでも留学のコトを話してくれてて、まだ将来何になりたいかはわからないけれど、何をするにも英語が堪能なことは有利になるし、これからは必要になるからって言ってたな

私は残念ながら留学の経験はありません
勿論したいと思ったことはありました。 私は中学時代に英語が凄く好きで、伯父が若いころに留学をした話なんかを聞いて、しかもペラペラと英語を話す姿が羨ましくて…私も語学留学したいって思ってたんですね。
単純にこの頃は「英語が話せるのってカッコイイ」っていう理由で留学したかったのw

結局、金銭的にも負担が大きいからというのと、私自身高校入学後に英語への興味が一時的に薄れたこともあり、語学留学は叶いませんでしたけど…
今になって思うのは、やっぱり行きたいなって。
この年になって「何のために留学をするの?」って言われるかもしれないけどね、やっぱり英語は出来たほうがイイと思うんだよね。
あやなちゃんの話でもあったけど、今後日本でも英語を話せることは必須になってくると思うし、自分が子供を産んだ時に、子供の時代には間違いなく英語教育は今よりも浸透してると思うのさ。 そんな時に子供相手に自分が教えてあげられたらいいなぁって思うし。
子供が留学を望んだときにも、自分がしたことがあれば適切なアドバイスもしてあげられるでしょう?

それにね、自分自身にも自信がつくんじゃないかなって思うんです。
留学=英語を学ぶっていう短絡的な考え方ではあるけれど、現地のことを知って自分の世界観もきっと広がると思うし、人生観だって変わるような気がするんです そこで生活したことや学んだことはきっとその後の人生を大きく左右してくれると思うんです。 例えば今は家に引きこもってパソコン三昧の日々だけど、私は出来れば仕事に就きたいんです。
そう考えた時に、留学を経験して英会話のスキルがあれば、何も持たないオバサンで居るよりも「選択権」がもらえると思うから
スーパーのレジ打ちしか出来ないようなオバサンになりたくない
派遣でもなんでもいいから、外資系やビジネスの一線に立てるような人間で居たい。 いくつになっても。

何のために」なんて、みんなに自分の意見は押し付けられないけど、私の考えとしては上の通りですよ。
自分のためです。 自分の自信のため。 スキルのため。 その後の人生に役立ってくれるものだと思うから、その語学留学という経験をしておきたいって思うんです
ビジネスに必要だからとか、明確な理由はないけれど…英会話のスキルも、留学の経験も…それって自分のためでしょう? 自分のために留学して、それがその後に子供のためになったり、仕事のためになったり・・・その経験ひとつで可能性は広がっていくんだと思うのさ。
何だかイマイチ要点を得ないし、思いっきり主観で書いてますけど…私の思う「何のために留学するのか」の答えってこんなもんです

じゃあ何処に語学留学するのがいいんだろう?って考えた時…やっぱアソコだ。
ドコか?! それは…追記からw

はい! やっぱ語学留学するんならココでしょ
以前から幾度となく紹介していますけど、格安で語学留学が叶うのはやっぱり、サウスパシフィックフリーバードフィジー留学だと思うのです。
何と言っても、1週間で59,800円という安さの留学プログラムはかなりの魅力 ちょっと語学留学を体験したいならこれで充分
短期留学だけで1週間のプログラムから12週間のプログラムまでが用意されているし、他にも勿論長期留学も4・8・12ヶ月のプランで、格安とホームステイでも英語漬けになれちゃうプランと2種類あるみたい
お子様が居てなかなか独りで留学が難しい方でも、親子で留学ホームステイ体験が出来るプログラムも1週間で122100円から用意されています

私だったらとりあえず、長期ホームステイの4ヶ月のプログラムあたりに参加してみたいですw 4ヶ月で英語はモノにならないかもしれないけど…試してみたいって気持があるから
※留学プログラム料金一覧は【コチラ】で確認できます。

ちなみに、1週間の短期プログラム…授業料テキスト代ホームステイ代も含まれてるそうです(渡航費は別) しかもこの料金、1日2食の食費込み おまけに空港までの送迎つき!長期留学で1年間行っても848,000円(宿舎利用)で、一般的なアメリカ留学の約3分の1という激安価格なんですよ

前にも書いたんだけど、フィジー留学が安いのは、その現地の物価の安さにも関係しているみたいですよ? 現地で生活するに当たって必要経費がめちゃめちゃ安いんですよね。
欧米に比べると相当なモンです。
それから…サウスパシフィックフリーバードが、少子化が深刻となるフィジーで、フィジー政府から空いた学校の教室を借りて、フィジー政府が雇用できないフィジーの教師たちを雇用しているからというのも理由のひとつなんだって。

加えてフィジーの人たちはとてもフレンドリー
現地の人たちも数ヶ国語を学んでいるから、語学に関しての理解が高い。 だからこそ、語学留学してくる日本人にも温かいんだとか お隣さんとすれ違っても挨拶もしない日本人が増えてるけど、フィジーのひとたちは違う。 みんな温かくて優しくて、声を掛けてくれたり触れ合ったり・・・コミュニケーションをとろうとしてくれるんだって
現地の人が、言葉が通じないままでもそんな風に接してくれることで、ネイティブの英語と触れる機会も多くなるから、語学を学ぶにはとても理想的な環境であるんですよね

素晴らしい自然 しっかりと残されてきたその美しい海や、広い大地と大きな山々に囲まれて、人生観の変わるようなフィジー留学をした方々の体験談なんかを読むと、益々興味が沸いてしまいます 現地の生活と日本での生活を比べて、いかに豊かに贅沢に暮らしていたかを思ったりとか、日本の生活を客観的に見ることが出来たりとか、日本ではなかなか感じることの出来ない「」の優しさに触れて感動したりとか
人生観を変えてしまうと言い切れるような留学ってどんなだろう? そんな思いがよぎります。
※サイトで体験談の公開もしてます。 【コチラ

体験談は3000人から得たものだそうですが、その3000人の出した答えに関する本も出版されたんだって。
中村大作さんの書いた、迷い続ける25歳の退職届という本
現代の日本人、特に若い子は直ぐに仕事を辞めちゃったりとか、目的とか目標なんかを立てられなくなってるじゃない?
私も若いわけではないけれど、その部類に入りそうな気がします 目標を掲げることを諦めてしまったり、自分が何をしたいのか見つけられなかったり、見つけること・探すことを諦めてしまったり…何となく生きるっていうスタイルになってしまってたりするでしょう
仕事もつまらなかったら辞めちゃえって…また適当に探そうって。 結局やりたいことが明確じゃないから、適当に仕事に就く。 適当に就いた仕事だから、イマイチやりたくもないからちょっとしたことで辞めちゃうんですよね。

この本では、そんな人たちに対して「自分で自分の人生を作る生き方をしませんか」という投げかけをしているんだそうです。
流されるままになんとなく生きて、「」を無駄にしてしまわないためにも、読んでおきたい一冊だと思うし、若い方々にも読んで欲しいと思うような本でしょうね。
仕事や留学を通じて得られるものとは何なのか・・・そういうのを考えさせられる本なんだって。
ちなみに、駐日フィジー諸島共和国全権大使 ラツー・イノケ・クンブアンボラ氏推薦の1冊なんだとか( *´ノェ`)コチョーリ

私も確か退職したのが25歳だったと思うんですよね…確かwww
やっぱり悩んだんですよ。 辞める理由が理由だったけど…辞めてしまってこの先どうしようか?っていう目的のない自分が怖かった
何も持たない25を過ぎた女が、次の仕事に就くのは難しいことも知ってた
辞めざるを得ない状況にならなかったとしたら、私はどうしただろう?って今でも思う。 あのまま流されるようにあの職場にいたんだろうか? それとも、何か目的を見つけることが出来たんだろうか? 今となってはわからない。 でも、今の私にはこれと言った目的がない。 だからこそ思う。「自分のために留学をしたい」と。
自分のため、自分の目的や目標を探すためにもフィジー留学を…って。
今からでも遅くないのなら、それを探してみたいって思うのです。

みんなは、「何のために留学をする?


応援お願いしますペコッ。.:*・゜┌○゛
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/06(水) 16:08:23 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2020 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -