FC2ブログ
2008年 02月 02日 ( Sat)
応援お願いしますペコッ。.:*・゜┌○゛
ブログランキング・にほんブログ村へ

最近ドラマの感想が遅れ遅れて大変です(´゚艸゚)∴ブッ
んでは、木曜22時の【だいすき!!】…第3話です。

保育園に通い始めたひまわり。 そのお世話に必死な柚子。
園側から他のママさんたちには、柚子の障害は話していない。 つまり、みんな柚子が知的障害であることを知らなかったんですが、偶然園ママの数人が、柚子が障害者センターから出てくるのを見かけて、知的障害者と知る。
予想通りの展開ですね。 当然、柚子は煙たがられるわけで。

園の遠足の時も、子供同士は仲良くしてても親が柚子を嫌がって避けるようにしてしまう。遠足のお弁当を先生と、最近引っ越してきたばかりで柚子の障害のコトを知らない野村さん母子と一緒にとることになる。

柚子にとって、野村さんは初めてできた健常の友達。 そう思えたが、周りのママさんたちが、柚子の障害のコトを野村さんに告げ、面倒を起こさないように見てるように促す。
結果、野村さんは障害のコトを知って柚子を避けるようになるが…

最終的には、野村さんの不安定な気持ちが息子にまで伝わってしまい、息子がひまわりに怪我をさせてします。 その謝罪のために柚子の家に向かい、怪我をさせてしまったこと、息子にも不安定さを与えてしまったこと…そして周りの目ばかりを気にして柚子に冷たくしてしまったことを詫びる。 これで、野村さんは柚子にとって本当の意味での初めての健常者の友人となる。

二人が「友達」になった翌日、相変わらず柚子は園内でバッグをひっくり返してる。
それを見てこそこそと嫌そうな顔をしながら文句を言っているママさん達。
そこに入ってきた野村さんが一喝でした。
「私の友達 馬鹿にせぇへんといて!」って。
こういう時の関西弁って凄みがありますね。 ソレに対してまだ「こんなトコで朝からお店開かれたら迷惑~」みたいな文句を言うママたちに、「だったらちゃっちゃと手伝ってあげたらいい。」とまた一蹴。
柚子にとっては、心強いお友達になったのかなって。 ちょっと嬉しくなりました( *´艸`)ムププ

家族エピソードとしては、今回は弟くんの将来が左右される回だったようで。
プロデビューの機会を与えられ、クラシックのプロデューサーにショパンを聞かせる予定だった日・・・でがけに柚子が座り込んでないているのを見かけてしまい、自動販売機の奥の落とした写真を拾い、柚子を連れてバイト先に遅れて行く。
本来ならそこでショパンを弾かなくてはいけなかったのだけど、子供の頃なきながら帰ってくる柚子に「犬のおまわりさん」を弾くと泣き止むのをしっているからか、その大事な日、泣いている柚子を笑わせるため、その場で「犬のおまわりさん」を演奏する。
結局プロデューサーは帰ってしまうが、後日紹介してくれたレコード会社の人に事情を話す彼の姿に、後悔は見られなかった。
柚子が喜ぶから、ピアノを続けてる。 そう笑う姿が印象的だった。

さて、来週はどうなるのかしら?
まだまだ園ママたちとも色々ありそうですけど…このまま期待して来週を待ちますw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2020 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -