FC2ブログ
2008年 01月 26日 ( Sat)
応援お願いしますペコッ。.:*・゜┌○゛
ブログランキング・にほんブログ村へ
ぐっさんデザインオリジナル・エコバックをもれなくプレゼント!

右サイドバー「プロフィール」部分の、「最近読んだ本」更新しました。
『魍魎の匣』 / 京極夏彦iconさん デスネ。
結構前に買ってあったんですけど、なかなか読みきれないままにw
ようやく昨日読み終えました。

京極夏彦さんの作品は、母が持ってたと思うので、何かしら読んだことはあったと思うのですがw あまり覚えてないという失礼な子ですwww
今回これを読むキッカケになったのは、映画化の話を耳にしたから。
どんな話なんだろう?と思ってたら、本屋で見かけてパラリとめくる。 分厚くて読みにくそうだけど、内容は面白そう。 と…思いましてねw

その数日後に友達のブログでチラっとこれに触れて在るのを見て、その時買わなかったことを後悔して、その後で購入したわけですw

戦後…しかも直後を舞台にした話なんですが、とにかく言葉遣いが目に馴染んでこなくて最初の方、読むの大変でしたw
奇妙な事件がいくつも絡まりあって、ごちゃごちゃになっているのを、徐々にひとつひとつ解き、最終的には全ての事件に関係性が出てくることになるんですね。
若干想像すると「ォェーorz」ってなりそうなグロイ感じの記述もあるんですが…まぁ所謂「グロ系小説」とは別ですから、多分耐えらるでしょうw

木場、関口、京極堂(中禅寺)と…その他大勢、メイン張れそうな人が多すぎw
語り手がちょこちょこ変わるんだよね。

ちなみに大まかな内容としては、某サイトから引用で…「匣の中には綺麗な娘がぴったり入ってゐた。箱を祀る奇妙な霊能者。箱詰めにされた少女達の四肢。そして巨大な箱型の建物―箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。探偵・榎木津、文士・関口、刑事・木場らがみな事件に関わり京極堂の元へ。果たして憑物は落とせるのか!?日本推理作家協会賞に輝いた超絶ミステリ、妖怪シリーズ第2弾。」だそうですwww
あら、無責任な紹介の仕方だわ(´゚艸゚)∴ブッ

とりあえず、読了の感想としては…文中で京極堂が口にしていた通り。
「後味が悪い」ことになりましたねぇ(´・ω・`)
読者としてはまぁ、沢山の事件がスッキリ繋がった!という嬉しさも感じるのですが、どうにもションボリしちゃう幕引きって感じでしょうか。
こういうラストなんだなぁ…って。
なんかこう、物語の中にホントに色んな人間模様が書かれてて凄かった。 よくこんなに沢山の人の心情を考えて書けるもんだなぁって…。
誰に感情移入しても楽しめちゃうんですよね。 この立場で見るとこの事件はこう見えるとか…そういう感じで読んでました。

京極堂の話が難しすぎるのにイラっとしたけどね?!w
妖怪がどうこうとか…苦手なんですよ、私w しかも古い書物なんかを取り上げてみたりとかもするから尚更難しくなるw 京極堂の喋ってるトコだけ飛ばし読みしてやろうかと、何度思ったか!!w でも、核心を突くのが彼なので、そういうわけにもいかなかったんですけどね。

ドキドキ感もありつつ、推理小説を読む感覚で…サクサク読むと、最後にちょっとイタイ気持ちにさせられる。 色んな意味で、盛りだくさんですw
まぁでも、面白かったので私は満足!w
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2020 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -