FC2ブログ
2008年 01月 16日 ( Wed)
シェアブログluunaに投稿

私は今は「主婦」…というか、むしろ「無職」の「家事手伝い」なんだけど(´゚艸゚)∴ブッ
そんな私も、仕事をしてた頃が無かったわけじゃありませんw
高校の頃からアルバイト、その後就職して…数年前まで普通に勤めてました。
色んな会社があって、勿論勤怠管理システムも色々だった。
中でも一番多かった勤怠管理方法としてはやっぱ「タイムカードの打刻」ですね。
最も長く勤めた会社もそれでしたからね。

勤怠管理は直接お給料に関わってくるのでやっぱめちゃめちゃ重要なところだと思うんです。
だからこそ、徹底した管理体制で無ければならないものだと思うんですね。
あれは使いようによってはカナリ曖昧なものになっちゃうから。
実際私が勤めてた会社では、タイムカード通りにキッチリ残業代も出してくれてましたから…それは有難いんですけど、逆に言えばタイムカードを切った後ではいくら残業しようが金銭は発生しません。
会社からは残業は最低限にと言われていたけど、私が配属されてたお店は人数が少なく、どうしても閉店後の作業が一人二人で行うために時間がかかる。 つまり、残業代が大量に出てくるんですよね。 それを仕方がないと思うか、上司に良く見られたいかでタイムカードの使い方が変わる。

正当に仕事をして得る報酬なのだからという上司の下では、キッチリ残業になっても帰る間際に打刻する。 時間内に仕事を終わらせることが出来なかったのだから…という理由で、先に打刻させられて、それから数時間の残業を強いられたこともある。
結局、勤怠管理があやふやだからこういうことになるんだと思う。
会社がキッチリとしていてくれて、誰もが同じ条件で勤怠をつけているなら文句は無い。
だが、配属先の店長の方針によって勤怠管理が変わるというのは頂けなかった。

実際私は恵まれていたほうで、サービス残業はあまりしてはいない。
私が帰りの打刻をする頃、別のお店では先に打刻を済ませてそれから小一時間もミーティングさせられたなんてこともよく目にしてた。
申し訳ないが、他人事だった。

こういうことがキッカケで、社員は不安を持つようになる。
その不満の結果、何人も退職者が出る。 販売戦力が弱くなる…そんなことを繰り返してたことにも気が付かない、愚かしい会社だったと思います。
お金に関わるところだからこそ、徹底してくれないとその不満は会社に不利益をもたらすことにさえなるということを、ちゃんと見て欲しいと思う。

私はね、ちゃんと決められた管理方法の中で、出来ることなら勤怠管理ソフトなんかを使うようにして、人の手で打刻だったり…バイト先によっては自分で時間を勤怠表に書かせるトコもあったけど…そういうのは避けるべきと思う。
自由にあれこれ融通出来る様な、杜撰な勤怠管理なら、それは「管理している」とはいえないと思うから。

働く人間が、その部分で不満に思わないように…正当な仕事に正当に報酬を払う。
無駄な残業を抑止するのはいいけれど、タダ働きはさせるべきではない。
人件費を無駄な経費と考えるから、勤怠管理がおかしくなる。 人材が居なければ会社は成り立たないのだから、必要なものになのだから、しっかりとした勤怠管理が必要なんだと私は思いますね。

もしも私が何か仕事をしようと思ったときに、勤怠管理が適当なところにだけは勤めたくはありません。
これはみんな、同じ思いなのでしょうけれど。
だからね、経営者の方々にはそこんとこしっかり考えて見直して欲しいと思いますw


応援お願いしますペコッ。.:*・゜┌○゛
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2020 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -