FC2ブログ
2007年 12月 17日 ( Mon)
シェアブログpiskに投稿

私が正社員として勤めたのは、某アパレル会社のみ。
しがない販売員として5年ほど勤めてました。
別にやりたかった仕事でない。 その時、ちょうどどうしてもすぐに就職を決めなければいけない状況下で、仕方なくそこから就職活動するよりも近道だったので、バイト先のそのアパレル会社で正社員登用としてもらっただけ。

婦人服の販売をしてたのは、まだバイトの時だった。
子供服に異動になって、それから正社員になった。
私は子供服になんか全く興味は無かったし、販売という仕事も拘束時間は長く仕事はキツイに売上目標に向けて躍起にならなくてはいけないのが凄く嫌いだった。
けれど、生活するために仕方がなかった。
アルバイトで他を探しても安い賃金になってしまうのは目に見えてわかってたし、かといって短大を卒業してから時間がたってしまった以上、新卒扱いにもならないからそこから就職活動をしたところで決まるまでに時間もかかる。私にはスキルが何一つ無いから。

結局「仕方なく」で勤めてたその仕事は、私には「合わなかった」とは思っていない。 社交性は優れている方だと思うし、ちょっと強引にでも「勧める」という行為に違和感を感じなかった。
売れない店に配属になっていたとはいえ、その中では売り上げはそこそこよい方だったから。
子供も好きだし、お店に何年も通ってくれているお客様の子供と仲良くなったり、その成長過程を見ていくことは楽しかったから

ただ、結局その仕事には「やりがい」は全く感じられず、もともとやりたかった仕事ではないだけに、周りの人間との調和が取れなくなってくると「面倒くさい」というキモチの方が強くなってくる。

私はこの時に思った。
結局、流されるままに仕事を決めたところで、中途半端にかじりついて辞めたくなってしまうんだなって。 自分が本当にやりたいと思っている仕事、やりがいを感じられる仕事でなければ、何か理由をつけて辞めたくなるんだろうと思ったの。
「辞めたら生活が出来ない。」 その一心で騙し騙し続けてた販売員だったけど、実家に帰る事になり、自分で稼がなくても生活の保障がされるという環境に変わったときに、無理し続けた心と身体が悲鳴を上げたのだ

自律神経失調症・鬱症状・パニック障害(軽度)
仕事を辞める原因になった理由です。
無理してやりたくも無い仕事を騙し騙しやり続け、売り上げに追われ、そりの合わない上司とうまくやるように自分を押し殺し、後輩が上司の的にならないように気を使い、フォローし…そんな風にしてきたことで、身体が「出勤拒否」をした。
食事も摂れず、体重は45キロ強まで落ち、たっていることさえままならないくらいに体力が落ち、休職。 その後退職したんですね

そんな経験があることから、私がもしもこの先仕事に就くことがあるとしたら…まずはそれが本当に「やりたい仕事」なのかどうかをしっかりと考える。
その仕事に「やりがい」がもてるかどうかを考える。
そしてその上で、職場の雰囲気や上司や同僚になる人たちの人間性も出来れば見たい。
どういう考え方をして、どういう仕事の仕方をするのか。 そこをチェックしたい。
職場の雰囲気にしてもそう。 誰も彼もが自分本位で競争するような職場や、何か争うように仕事をしないと行けないような「追われる雰囲気」の職場では私はキット働けない。
医者に言われているのだ。
今は落ち着いてはいるが、いつまた何かのきっかけで同じ症状が出るかわからないそうだ。
だからこそ、慎重になる。

企業を選ぶポイントは、私にとってそこがどれだけ「穏やかに働けるか」に限る。
穏やかに…尚且つやりがいを感じて仕事が出来る様な企業を選びたいと思っている
本来私は仕事をすることは好きだし、やりたい仕事もいくつかある。
ただ、やりたい仕事も台無しにしてくれるような職場ではダメなんですよね。
アットホームで家のように落ち着いた空間を持った会社、家族のように仲良く居られて人間関係に悩まずに全員が同じ目標に向かえる職場…それが私の理想であり、企業を選ぶポイントになりますね。

ちょっとワガママ過ぎて、転職を考えた時になかなか上手く行かなかったって経験もありますけどw でも、それはそれでその時は良かったんだろうと思う。
病み上がりでまた適当な会社で無茶しちゃってたら、今こうやって当たり前の生活も出来なくなってたかもしれないですからね

目下就職活動中で、「どこでもいいから内定が欲しい」なんて思っている大学生なんかも多いのかもしれない。
でも考え直して欲しいと思う。 「どこでもいい」ってホントに思ってるのかしら?
今ね、新卒で企業に就職した人材のうち35%入社から3年以内に会社を辞めるという事実があるんだそうです。 その理由として大半を占めているのが…

就職活動をがんばったのに、入社したら自分に合わなかった

入社してみたら、仕事がイメージと全然違った


という利用なんだそうですね。 これってどうなのかしら?
確かにイメージと違ったり自分に合わなかったりするのはわかる。 そういう職場で働けない気持ちもわかる。
でも聞きたい。 そういうからには、しっかりと企業のコトを調べて採用試験を受けたんじゃないの?って。 ロクに調べもせずに、なんとなく受けてみたら受かった。 受かったから勤めた。 そして、合わないから辞めた… なんてことは無いのかしら?

早くに就職を決めて卒業までユックリしたい気持ちはわかる。
けれど、「新卒」で就職できるチャンスってほんとオイシイんですよ。
新卒ってだけで、未経験でも無資格でも受け入れてくれるところがあるんですから。 そんなオイシイ時に、適当に就職を決めたりして、辞めちゃったら絶対持ったいないの!
新卒で受けれるときだからこそ、じっくりと選んで企業のコト…仕事のコトやソコで働く人のこと…よくよく知ってから決めるべきだって思うんだよね。

自分がどんな仕事に向いているのかってことを、ちゃんと知っておくことも大切です。
やりたいと思っている職種でも、もしかしたらそれは自分に適正のある仕事じゃないかもしれない。 そうすると、入った職場で「イメージと違う」と感じたり「自分には合わない」と感じてしまう確率が高くなるんですよね。 だからこそ、自分にはどんな仕事が合うのかっていう、しっかりとした自己分析をすることも、自分に合った企業選びには重要になってくるんだと思うのね。

逆に企業側の採用の基準…その選考にしても同様。
学生さんの能力をちゃんと把握できないから、折角上手く利用すれば素晴らしいはずの学生さんの能力を、埋もれさせてしまい…結果として「やりがいがない」などという理由でその人材を逃すことになる。 そんなことだってありえるんですよね

そこで!!
学生さんが自分の中に眠る能力を発掘し、その能力がどんな仕事に向いているのかを見極める機会をワークスアプリケーションズが提供してくれているんだそう。
「問題解決能力発掘インターンシップ」ってのなんですけどね。


ワークスアプリケーションズが提供するこのインターンシップは、答えのないテーマに、論理的思考力と発想転換力でとことん取り組むというもの。
面接や適性テストは図れない潜在能力を引き出してくれるんだそう
文系・理系や、これまでの知識、経験は一切不問
入社する意志があるかどうかも問わないらしいよ
ゼロから何かを生み出す、自分の問題解決能力がどこまで通用するのかを試めすことの出来る最良の機会になるんですね
更に、どんな潜在能力が眠っているのかに気付くとか…能力を埋もれさせないとかっていう、刺激的なフィールドをも用意してくれているそうなんです

インターンシップの特徴としては以下の通り。

採用直結型
課題の評価によって、下記パスを取得すればそのままワークスで採用なる。

入社パス制度
インターンシップで優秀な成績で修了した人はワークスへの入社試験が3~5年間免除される認定書(パス)が発行される。
※パス取得者は期間中いつでもワークスに入社可能。

日給1日1万円
参加者の貴重な時間を拘束する事になるので日給払ってくれちゃう。

この特徴は魅力的じゃないですか?!
ワークスへの入社にしてもそうだけど、1日1万の日給も出るって…バイトするより効率いいな…。
ワークスアプリケーションズって言えば、IT業界で急成長中って話題の企業。
従来のかたい企業と違って、先進的なIT業界だからこそ、若い人間の新しい発想だったり潜在能力だったりという面をかなり重要視しているんでしょうかね?
でもきっとこういうインターンシップなんかを行って、選ばれた人たちが集まった企業だったら、職場の人たちもきっとギスギスした感じは無さそうだし、醜い争いの起こるような職場とも思えませんから…私もこういうところで働けたらいいなぁと思う。

就職活動中の学生さんは勿論だけど、転職希望の方や…あるいは障害者の方。
ワークスでは障害者採用も当たり前に行っていて、採用実勢もしっかりとありますからね。
論理的思考力発想転換力を兼ね備えた、問題解決能力を発揮できる優秀な人材を広く求めている会社ですから、障害の有無なんかも全く関係ないんだとか
多くの人に、チャンスをくれる そんな企業ですね。

そだ、あと…今ね、ワークスアプリケーションズが主催する「問題解決能力発掘インターンシップ」が、TV番組として放映されてるのは知ってる?!
MCは、若手人気お笑い芸人の【千原ジュニア】らしいよw
番組では、ワークスの「問題解決能力発掘インターンシップ」を密着リポートしたりとか…各界で注目を集める経営者をゲストに迎えるトークコーナーなんかを展開中だそう
就職活動生はもちろん、社会で働くすべての人に贈る新感覚情報バラエティとして制作されているんだって。

番組タイトル
『千原ジュニアのシャインになりたい』

MC
千原ジュニア

放映
TOKYO MX
※地上デジタル放送9ch、アナログ放送14ch

日時
10月 7日より毎週日曜日 22:30~23:00


私の住んでるトコでも見られるかしら?! ド田舎なんだけど

ちなみに、インターンシップの対象2009年3月以降に卒業予定の大学生、及び大学院生に限られるそうです。
東京・大阪・名古屋で其々行われるそうなんですが、参加希望者は事前説明会に参加した上で、判断をするといいみたいですね。 インターンシップへの参加を希望する方には、筆記試験があるみたいだから、筆記用具を持参してって話です。
インターンシップに関する詳しい情報はサイトで確認してみてくださいね
事前説明会のことと併せて、よくお考えになった上で参加を検討して見ると良いでしょう。
私としては、印象として…かなり良い経験も出来そうなので、時間があるのなら積極的に参加してみるのも得策じゃないかなって思いますけどね
それは押し付けはしません。 学生さんの判断にお任せしますペコッ。.:*・゜┌○゛

適当に入った会社で、直ぐにやめてしまうのも勿体無い。
かといって、私のように無理して働き続けて身体を壊してしまうのも良くは無い。
どちらにもならないで済む様に、しっかりと自己分析、企業分析をした上での就職を考えて欲しいと願います。
「どこでもいいから…」なんて、勿体無いこと、考えないでほしいなぁと…心から思うのです

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2020 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -