FC2ブログ
2007年 12月 09日 ( Sun)
シェアブログluunaに投稿

ねぇねぇ…mixiってみんなも使ってる?
私ね、ブログはいくつか持っているんだけど…mixiはまだ手を出したことがないんです(´・ω・`)
なので、知らなかったんですけど…
もしかしてmixiやってる人にしたら「知ってて当然」って感じの人たちなんですかねぇ…?

『さくらボーイズ』ってヒトタチ。

なんでもmixiのコミュニティ内で知り合ったっていう「モテない男」の4人組で、失恋ソングを歌っているんだとか。
「モテない男同士」として、チェリーティ・チェリーユウイチロー・チェリーワイ・チェリーオーの4人が意気投合して結成されたという、なんとも面白いというか情けないというか…(失礼?!)そんな男性グループなんだけど、「1,000万人のモテない奴らの声を代弁する」をコンセプトにした活動をしているんだってね。 勿論、自分達の「モテない体験」を形にして。
てゆーか、名前も面白いな(ェ;)チェリー…
なんかこう…セー●ームーンとかセー●ーマキュリーとかみたいな…ああいう戦士もの漫画の登場人物みたいだな…

バンド名の「さくらボーイズ」っていうのは、「さくらの花びらのように散りゆく美学」というバンドのテーマから名付けられたんだそうですよ? 散りゆくって_| ̄|○ 恋が散るってことかね_| ̄|○
ちょっと自虐的なヒトタチなのかしら?!とか思いながらも、湧き出る好奇心。

だって…失恋ソングって、私にしたら大好物ですw
モテようがモテまいが…失恋ってみんな結構してるんじゃないかと思うんだよね。 人が共感したりするのって「幸せなキモチ」よりも「切ない・悲しいキモチ」の方が共感しやすいんだろうと思ってるんだけど…。
ココロが温かくなるような歌も好きだけど、印象に残るのって胸がギューって締め付けられるような歌だったりするんですよね、私。

彼らの曲はまさにソレじゃないかなと。
2007年、デビュー曲「SAKURA」では、大学進学と共に地元を離れ上京していく彼女と、残された彼。 断ち切ることの出来ない彼女への思いを歌いあげています。
セカンドシングル「SAYONARA」では、彼をおいて上京して行った彼女への思いを断ち切れないままに、彼女にさよならを言う事を決めた彼。
彼の絶えることのない彼女への愛情と切ない思いが表現されているんだって。

そして、今回紹介するのがこの「ストーリー」化されたものの第3話となるサードシングルの「東京クリスマス」。
彼女が上京したことをきっかけに別れを決意した二人に変化があるんだ。
東京生活に疲れた彼女から、彼に久々の連絡が入るの。

「クリスマスにけやき坂で会えればいいね」

その彼女の言葉に期待に胸を膨らませて、彼は夜行に乗り一路東京に向かうんです。

このサードシングル「東京クリスマス」はね、さくらボーイズのサイトのトップページでフルコーラス試聴できるようになってるんですね。
勿論私も聴いてきました。
正直「モテない男」なんていう言葉がアタマにあったためにあまり期待はしてなかったんですw もにょもにょした歌声の、面白き描くかなんかで出てきたショーモナイ人たちのバンドなんだろうね(*゚_ゝ゚)プ とかって思ってたんですね。

でもね、聴いてみてビックリ。
とにかくボーカルの方の声が綺麗。
優しくてよく通る、凄く言葉のひとつひとつも聴き取りやすい、とってもイイ声。 コーラスが入ってきた瞬間には、そのハーモニーの美しさに思わずゾクっと鳥肌がたっちゃったくらい。
デビュー曲やセカンドを聴くより先に「東京クリスマス」と聴いて、ストーリーの流れはよくわからなかったものの、「君に逢いたい」「君が好き」と何度も何度も繰り返している部分が凄く印象的で、たった一回聴いただけでも頭の中に何度も何度も繰り返して流れるような感じですね。
PVも観たんですけど、音だけで聴くのもいいけれど、映像が加わるとやっぱ感情の動きなんかも読みやすくなりますねw

あんなふうに「逢いたい」「好き」って真っ直ぐに向けられるって、相手の女性はどんな気持ちなんだろうなぁって。ちょっと思ってみたり。
時折詩に出てくる「諦めてた」とかってフレーズが、ネガティブな面もチラ見させる感じで好き。
「頑張れ。」って思わず応援したいキモチにさせられますね。

彼らの曲はね、これまでの3作品でひとつのストーリーになっているんですけど…その完結は次の4作目になるんだって。
「東京クリスマス」を聴いたあとにだけど、「SAKURA」と「SAYONARA]も聞かせてもらったのね、試聴コーナーでw
ひとりの男性の…というか、一組のカップルのひとつの物語を一緒に歩ませてもらっているような…映画や小説のように「傍観者」として見守らせてもらえるような…そんな感覚にさせられる。
「歌」としてメロディを楽しむというよりも、私はこのひとつの「物語」に興味がある。
彼は彼女にけやき坂で逢えたのか、その後の二人はどうなうんだろう?
これは、悲しい物語なのか、それともハッピーエンドが見られるのか…結末を想像しながら完結篇を待ちわびるような感じですね。

ちなみに「さくらボーイズ」の曲は、ネットのダウンロードでしか手に入らないんだって。
CD販売店には置いてないんですね。
ってことはレンタルもないか(´゚艸゚)∴ブッ
レンタル派にはイタイところですけど…この「物語」は1話から完結まで、しっかり手の中に置いておきたくなりますね…。

mixiユーザーで、もうとっくに知っててチェック済みよ!って方は置いといて…(ぁw)、もしまだ彼らの「物語」を聴いたことがない方が居れば、期間限定でフル試聴が出来る今、是非一度オフィシャルサイトで「東京クリスマス」を聴いてみてね!
>>http://sakuraboys.jp/

あとね、mixi内にある「さくらボーイズコミュニティー」には、メンバーによる恋愛相談コーナーなんかもあるらしいよ?
ファンとメンバーが直接触れ合える場にもなっているそうですから、興味のある方はコミュニティにもお邪魔してみては?(※ mixiへの登録が必要です。)
>>http://mixi.jp/view_community.pl?id=1862572
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2020 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -