FC2ブログ
2007年 12月 08日 ( Sat)
シェアブログluunaに投稿

私の実家は、子供の頃は市営住宅の狭い団地でした。
うちは私が長女、下に妹が一人と弟が一人。
長子に当たる私が女ですから、ひな祭りなんかも普通にやってるんでしょう?と聞かれるが…狭い団地住まいで大きな雛人形なんかは置けるわけもなく…豪華な雛壇なんかは当然見たことも無かったね。

うちに飾ってあった雛人形は、小さな小さな雛人形
お内裏様とお雛様だけの、可愛らしい二対のお人形。
勿論ひな祭りとしては、母があの…なんていうの?ひし形のピンクと白と緑のヤツwww
アレを作ってくれたりとか、雛あられを買ってきてくれたりとか…
私にとっては、ソレが当たり前の「ひな祭り」。

雛人形は3月3日を過ぎたらすぐに仕舞われちゃってねw
小さいとはいえ、年に一度しか出されないその可愛らしいお人形が大好きで、「出しといちゃダメなの?」って聞いたこともあったんだって。
「お嫁に行き遅れちゃうからね。」と仕舞う母を見て、そうなのかぁ…と腑に落ちないままに無理やり納得したっけねw

ぃぁ、だからってこの年でまだ嫁に行ってない件に関しては触れないで欲しいところだが(ェ;)

子供服売り場で働き始めた時に、勿論雛人形の販促キャンペーンのようなものも片手間にやってたんだけどね…パンフレット見てると、自分が子供の頃に見てた小さな可愛い雛人形なんてもんじゃないw
沢山の人形が赤い雛壇にズラっと並んでるんだもん。
お値段を見ても目が飛び出るかと思ったねw
それでも「初孫にあげるんだ。」とニコニコ顔で予約していくおじいちゃんやおばあちゃんたち…

子供にそんな大きな雛壇…
そんな高い雛壇…

壊されたりしたらって考えないのかなぁ。
なんてことまで心配しちゃったわよ(´゚艸゚)∴ブッ
要らん世話だけどwww

正直ね、羨ましかった。
当時のウチには絶対に置けない…それに高価すぎて買えないような豪華な雛人形
価値もわからないようなまだ性別の見分けすら出来ない孫に買ってあげられるのかって。
ぁぁ、あの子の記憶には「雛人形」=「大きな雛壇」になるんだなぁって。
私の記憶の中での雛人形は、テレビの上にチョコンと乗せられた、たった二対の雛人形

ちょっと…羨ましいけど、私の中ではあの小さな二対の雛人形が、最高に可愛かったし、あれと一緒に何年も過ごしたひな祭りは楽しかったイイ思い出だ。
だから…いいんだ。うん。

雛人形

原孝洲の雛人形。早期購入キャンペーン中!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハピネット・オンライン わくわくクリスマスキャンペーン
copyright © 2020 xx月神xx all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -